日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Microsoft リモートコピーのパフォーマンスの概要を改善します

寄稿者 netapp-thomi

Microsoft Offloaded Data Transfer ( ODX ;オフロードデータ転送)は _ コピーオフロード _ とも呼ばれ、この機能を使用すると、互換性があるストレージデバイス内やストレージデバイス間で、ホストコンピュータを介さずにデータを直接転送できます。

ONTAP では、 SMB プロトコルと SAN プロトコルの両方で ODX をサポートしています。ソースとデスティネーションのどちらについても、 CIFS サーバと LUN の両方に対応しています。

ODX 以外のファイル転送では、ソースからデータが読み取られ、ネットワーク経由でクライアントコンピュータに転送されます。クライアントコンピュータは、データをネットワーク経由でデスティネーションに転送します。つまり、クライアントコンピュータはソースからデータを読み取り、デスティネーションに書き込みます。ODX ファイル転送では、データはソースからデスティネーションに直接コピーされます。

ODX オフロードコピーはソースストレージとデスティネーションストレージの間で直接実行されるため、パフォーマンスが大幅に向上します。実現するパフォーマンスの向上には、ソースとデスティネーションの間のコピー時間の短縮、クライアントでのリソース使用量( CPU 、メモリ)の削減、ネットワーク I/O 帯域幅の使用量の削減などが挙げられます。

SMB 環境では、この機能は、クライアントとストレージサーバの両方で SMB 3.0 および ODX 機能がサポートされている場合にのみ使用できます。SAN 環境では、この機能は、クライアントとストレージサーバの両方で ODX 機能がサポートされている場合にのみ使用できます。ODX がサポートされていて有効になっているクライアントコンピュータでは、ファイルの移動やコピーを行う際に、オフロードファイル転送が自動的かつ透過的に使用されます。ODX は、ファイルをエクスプローラでドラッグアンドドロップしたか、コマンドラインのファイルコピーコマンドを使用したか、クライアントアプリケーションによってファイルコピー要求が開始されたかに関係なく使用されます。