日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

CIFS サーバが IPv6 を使用して外部サーバに接続する方法

寄稿者 netapp-thomi

要件に対応した設定を作成するには、 CIFS サーバが外部サーバへの接続を確立するときに IPv6 がどのように使用されるかを確認しておく必要があります。

  • 送信元アドレスの選択

    外部サーバへの接続を試行する場合、選択する送信元アドレスは宛先アドレスと同じタイプでなければなりません。たとえば、 IPv6 アドレスに接続する場合、 CIFS サーバをホストする Storage Virtual Machine ( SVM )には、送信元アドレスとして使用する IPv6 アドレスを持つデータ LIF または管理 LIF が必要です。同様に、 IPv4 アドレスに接続する場合、 SVM には、送信元アドレスとして使用する IPv4 アドレスを持つデータ LIF または管理 LIF が必要です。

  • DNS を使用して動的に検出されるサーバの場合、サーバ検出は次のように実行されます。

    • クラスタで IPv6 が無効になっている場合は、 IPv4 サーバアドレスのみが検出されます。

    • クラスタで IPv6 が有効になっている場合は、 IPv4 と IPv6 の両方のサーバアドレスが検出されます。アドレスが属するサーバが適切かどうかと、 IPv6 または IPv4 のデータ LIF または管理 LIF が使用可能かどうかに応じて、いずれかのタイプが使用されます。動的サーバ検出は、ドメインコントローラとその関連サービス( LSA 、 NETLOGON 、 Kerberos 、 LDAP など)の検出に使用されます。

  • DNS サーバへの接続

    SVM が DNS サーバに接続するときに IPv6 を使用するかどうかは、 DNS ネームサービスの設定によって決まります。IPv6 アドレスを使用するように DNS サービスが設定されている場合は、 IPv6 を使用して接続が確立されます。必要に応じて、 DNS サーバへの接続に引き続き IPv4 アドレスが使用されるようにするため、 DNS ネームサービスの設定で IPv4 アドレスを使用できます。DNS ネームサービスの設定時に、 IPv4 アドレスと IPv6 アドレスを組み合わせて指定できます。

  • LDAP サーバへの接続

    SVM が LDAP サーバに接続するときに IPv6 を使用するかどうかは、 LDAP クライアントの設定によって決まります。IPv6 アドレスを使用するように LDAP クライアントが設定されている場合は、 IPv6 を使用して接続が確立されます。必要に応じて、 LDAP サーバへの接続に引き続き IPv4 アドレスが使用されるようにするため、 LDAP クライアントの設定で IPv4 アドレスを使用できます。LDAP クライアントの設定時に、 IPv4 アドレスと IPv6 アドレスを組み合わせて指定できます。

    注記

    LDAP クライアントの設定は、 UNIX ユーザ、グループ、およびネットグループのネームサービス用に LDAP を設定するときに使用されます。

  • NIS サーバへの接続

    SVM が NIS サーバに接続するときに IPv6 を使用するかどうかは、 NIS ネームサービスの設定によって決まります。IPv6 アドレスを使用するように NIS サービスが設定されている場合は、 IPv6 を使用して接続が確立されます。必要に応じて、 NIS サーバへの接続に引き続き IPv4 アドレスが使用されるようにするため、 NIS ネームサービスの設定で IPv4 アドレスを使用できます。NIS ネームサービスの設定時に、 IPv4 アドレスと IPv6 アドレスを組み合わせて指定できます。

    注記

    NIS ネームサービスは、 UNIX ユーザ、グループ、ネットグループ、およびホスト名オブジェクトを格納および管理するために使用されます。