日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SMB 設定情報を収集するためのワークシート

寄稿者

SMB 設定ワークシートを使用すると、クライアントの SMB アクセスを設定するために必要な情報を収集できます。

ストレージをプロビジョニングする場所に関する決定に応じて、ワークシートのいずれかまたは両方のセクションを完了する必要があります。

パラメータの詳細については、コマンドのマニュアルページを参照してください。

SVM への SMB アクセスを設定する

  • SVM を作成するためのパラメータ *

新しい SVM を作成する場合は、「 vserver create 」コマンドで次の値を指定します。

フィールド 説明 あなたの価値

「 -vserver 」

新しい SVM の名前を指定します。完全修飾ドメイン名( FQDN )を指定するか、クラスタ内で一意の SVM 名を適用する別の命名規則に従います。

「 -aggregate 」を選択します

新しい SMB ストレージ容量に対応できる十分なスペースを持つクラスタ内のアグリゲートの名前を指定します。

「 -rootvolume-」 と入力します

SVM ルートボリュームの一意の名前を指定します。

「 -rootvolume-security-style 」

SVM の NTFS セキュリティ形式を使用します。

「 ntfs_」

「 -language 」

このワークフローではデフォルトの言語設定を使用します。

「 C.UTF-8 」

「 ipspace 」

オプション: IPspace は、 SVM が配置される個別の IP アドレススペースです。

  • LIF 作成用のパラメータ *

これらの値は、 LIF を作成するときに「 network interface create 」コマンドで指定します。

フィールド 説明 あなたの価値

「 -lif 」

新しい LIF の名前を指定します。

「 -role 」を選択します

このワークフローではデータ LIF のロールを使用します。

「データ」

「 -data-protocol 」

このワークフローでは SMB プロトコルのみを使用します。

CIFS

「 -home-node 」

「 network interface revert 」コマンドを LIF で実行したときに、 LIF が戻るノードを指定します。

「 -home-port 」を指定します

「 network interface revert 」コマンドを LIF で実行したときに、 LIF が戻るポートまたはインターフェイスグループを指定します。

「 -address 」と入力します

新しい LIF によるデータアクセスに使用されるクラスタ上の IPv4 または IPv6 アドレスを指定します。

「 - ネットマスク」

LIF のネットワークマスクとゲートウェイを指定します。

「 -subnet 」と入力します

IP アドレスのプール。アドレスとネットマスクを自動的に割り当てるには '-address と -netmask の代わりに使用します

「 -firewall-policy 」を指定します

このワークフローではデフォルトのデータファイアウォールポリシーを使用します。

「データ」

「 -auto-revert 」を実行します

オプション:起動時またはその他の状況下でデータ LIF がホームノードに自動的にリバートされるかどうかを指定します。デフォルト設定は 'false' です

  • DNS ホスト名解決のパラメータ *

DNS を設定するときは、「 vserver services name-service dns create 」コマンドでこれらの値を指定します。

フィールド 説明 あなたの価値

「 -domains 」のように指定します

最大 5 つの DNS ドメイン名。

「 -name-servers 」と入力します

DNS ネームサーバごとに最大 3 つの IP アドレスを指定します。

Active Directory ドメインで SMB サーバをセットアップする

  • タイムサービス設定のパラメータ *

タイム・サービスを設定する場合は 'cluster time-service ntp server create コマンドを使用して ' これらの値を指定します

フィールド 説明 あなたの価値

「 -server 」と入力します

Active Directory ドメイン用の NTP サーバのホスト名または IP アドレスを指定します。

  • Active Directory ドメイン内に SMB サーバを作成するためのパラメータ *

新しい SMB サーバを作成し、ドメイン情報を指定する場合は、「 vserver cifs create 」コマンドでこれらの値を指定します。

フィールド 説明 あなたの価値

「 -vserver 」

SMB サーバを作成する SVM の名前を指定します。

「 -cifs-server 」を指定します

SMB サーバの名前(最大 15 文字)を指定します。

「 -domain 」を指定します

SMB サーバに関連付ける Active Directory ドメインの完全修飾ドメイン名( FQDN )を指定します。

「 -ou` 」

オプション: SMB サーバに関連付ける Active Directory ドメイン内の組織単位を指定します。デフォルトでは、このパラメータは CN=Computers に設定されます。

「 -netbios-alias 」を指定します

オプション: NetBIOS エイリアスのリストを指定します。 NetBIOS エイリアスは、 SMB サーバ名の別名です。

「 -comment` 」

オプション:サーバのテキストコメントを指定します。Windows クライアントは、ネットワーク上のサーバを参照するとき、この SMB サーバ概要を確認できます。

ワークグループに SMB サーバをセットアップする

  • ワークグループで SMB サーバーを作成するためのパラメータ *

新しい SMB サーバを作成し、サポートされている SMB バージョンを指定する場合は、「 vserver cifs create 」コマンドでこれらの値を指定します。

フィールド 説明 あなたの価値

「 -vserver 」

SMB サーバを作成する SVM の名前を指定します。

「 -cifs-server 」を指定します

SMB サーバの名前(最大 15 文字)を指定します。

「 -workgroup 」と入力します

ワークグループの名前(最大 15 文字)を指定します。

「 -comment` 」

オプション:サーバのテキストコメントを指定します。Windows クライアントは、ネットワーク上のサーバを参照するとき、この SMB サーバ概要を確認できます。

  • ローカルユーザー作成用のパラメータ *

vserver cifs users-and-groups local-user create コマンドを使用してローカルユーザを作成する場合は、これらの値を指定します。これらの値は、ワークグループ内、およびオプションで AD ドメイン内の SMB サーバに必要です。

フィールド 説明 あなたの価値

「 -vserver 」

ローカルユーザを作成する SVM の名前を指定します。

「 -user-name 」

ローカルユーザの名前(最大 20 文字)を指定します。

「 -full-name 」

オプション:ユーザのフルネームを指定します。フルネームにスペースが含まれる場合は、フルネームを 2 重引用符で囲みます。

「 - 概要」

オプション:ローカルユーザの概要。概要にスペースが含まれる場合は、パラメータを引用符で囲みます。

-is-account-disabled

オプション:ユーザアカウントが有効か無効かを指定します。このパラメータを指定しない場合、ユーザアカウントはデフォルトで有効になります。

  • ローカルグループを作成するためのパラメータ *

vserver cifs users-and-groups local-group create コマンドを使用してローカルグループを作成するときは、これらの値を指定します。AD ドメインおよびワークグループ内の SMB サーバの場合はオプションです。

フィールド 説明 あなたの価値

「 -vserver 」

ローカルグループを作成する SVM の名前を指定します。

「 -group-name 」

ローカルグループの名前(最大 256 文字)を指定します。

「 - 概要」

オプション:ローカルグループの概要。概要にスペースが含まれる場合は、パラメータを引用符で囲みます。

SMB 対応 SVM へのストレージ容量の追加

  • ボリュームを作成するためのパラメータ *

qtree の代わりにボリュームを作成する場合は、 volume create コマンドでこれらの値を指定します。

フィールド 説明 あなたの価値

「 -vserver 」

新しいボリュームをホストする新規または既存の SVM の名前を指定します。

「 -volume 」と入力します

新しいボリュームに対して、一意のわかりやすい名前を指定します。

「 -aggregate 」を選択します

新しい SMB ボリュームに対応できる十分なスペースを持つクラスタ内のアグリゲートの名前を指定します。

「 -size. 」のようになります

新しいボリュームのサイズとして任意の整数を指定します。

「 -security-style 」と入力します

このワークフローには NTFS セキュリティ形式を使用します。

「 ntfs_」

「 -junction-path 」

新しいボリュームをマウントするルート( / )の下の場所を指定します。

  • qtree を作成するためのパラメータ *

ボリュームの代わりに qtree を作成する場合は、 volume qtree create コマンドでこれらの値を指定します。

フィールド 説明 あなたの価値

「 -vserver 」

qtree を含むボリュームが配置されている SVM の名前。

「 -volume 」と入力します

新しい qtree を格納するボリュームの名前を指定します。

「 qtree 」

新しい qtree に対して、一意のわかりやすい名前を 64 文字以内で指定します。

「 -qtree-path 」のように指定します

ボリュームと qtree を別々の引数として指定する代わりに、 qtree パスを「 /vol/ volume_name / qtree_name 」の形式で指定できます。

  • SMB 共有作成のパラメータ *

これらの値は 'vserver cifs share create コマンドで指定します

フィールド 説明 あなたの価値

「 -vserver 」

SMB 共有を作成する SVM の名前を指定します。

「 -share-name 」

作成する SMB 共有の名前(最大 256 文字)を指定します。

「 -path 」を参照してください

SMB 共有へのパスの名前(最大 256 文字)を指定します。このパスは、共有を作成する前にボリューム内に存在している必要があります。

「 -share-properties 」を指定します

オプション:共有プロパティのリストを指定します。デフォルトの設定は 'oplock’browsable 'changenotify '''show-previous-versions です

「 -comment` 」

オプション:サーバのテキストコメント(最大 256 文字)を指定します。Windows クライアントは、ネットワーク上で参照するとき、この SMB 共有概要を確認できます。

  • SMB 共有アクセス制御リスト( ACL )を作成するためのパラメータ *

これらの値は 'vserver cifs share access-control create コマンドで指定します

フィールド 説明 あなたの価値

「 -vserver 」

SMB ACL を作成する SVM の名前を指定します。

「 -share 」と入力します

作成先の SMB 共有の名前を指定します。

「 -user-group-type 」を指定します

共有の ACL に追加するユーザまたはグループのタイプを指定します。デフォルトのタイプは「 windows 」です

「 windows 」

「 -user-or -group' 」と入力します

共有の ACL に追加するユーザまたはグループを指定します。ユーザ名を指定する場合は、「ドメイン名」の形式でユーザのドメインを含める必要があります。

「 - permission 」は「権限」です

ユーザまたはグループの権限を指定します。

「 [ いいえ _ アクセス

読み取り

変更

Full_Control ] 」