日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SVM を移行する

寄稿者 netapp-lenida

SVM の移行が完了すると、クライアントがデスティネーションクラスタに自動的にカットオーバーされ、不要な SVM がソースクラスタから削除されます。自動カットオーバーとソースの自動クリーンアップはデフォルトで有効になっています。必要に応じて、カットオーバーの発生前にクライアントの自動カットオーバーを無効にして移行を一時停止することもできます。また、ソース SVM の自動クリーンアップを無効にすることもできます。

自動カットオーバーを有効にして SVM を移行します

デフォルトでは、移行の完了時にクライアントがデスティネーションクラスタに自動的にカットオーバーされ、不要な SVM がソースクラスタから削除されます。

手順
  1. デスティネーションクラスタから、移行の事前確認を実行します。

    est _cluster>vserver migrate start -vserver <vserver name> -source-cluster <cluster name> -check-only true

  2. デスティネーションクラスタから、 SVM 移行を開始します。

    `est _cluster>vserver migrate start -vserver <vserver name> -source-cluster <cluster name> 」の形式で指定します

  3. 移行ステータスを確認します。

    est_cluster>vserver migrate show

    SVM の移行が完了すると、ステータスに「 migrate-complete 」と表示されます。

クライアントの自動カットオーバーを無効にして SVM を移行します

自動クライアントカットオーバーが正常に実行されたときに移行を一時停止してから、あとから手動でカットオーバーを実行するには、 -auto-cutover false オプションを使用します。「 SVM 移行後のクライアントの手動カットオーバー」を参照してください。

手順
  1. デスティネーションクラスタから、移行の事前確認を実行します。

    est _cluster>vserver migrate start -vserver <vserver name> -source-cluster <cluster name> -check-only true

  2. デスティネーションクラスタから、 SVM 移行を開始します。

    「最も前のクラスタ」 vserver migrate start -vserver <vserver name> -source-cluster <cluster name> -auto-cutover false 」を使用します

  3. 移行ステータスを確認します。

    `est _cluster>vserver migrate show SVM の移行が非同期データ転送を完了し、カットオーバー処理の準備ができたときに、ステータスに「カットオーバー準備完了」と表示されます。

ソースのクリーンアップが無効になっている SVM を移行します

カットオーバー後にソース SVM の削除を無効にしてから、カットオーバー後にソースのクリーンアップを手動でトリガーするには、 advanced 権限の -auto-giveback false オプションを使用します。「カットオーバー後のソースの手動クリーンアップ」を参照してください。

手順
  1. デスティネーションクラスタから、移行の事前確認を実行します。

    「最もよくあるクラスタ *> vserver migrate start -vserver <vserver name> -source-cluster <cluster name> -check-only true 」

  2. デスティネーションクラスタから、 SVM 移行を開始します。

    「最も多いクラスタ *> vserver migrate start -vserver <vserver name> -source-cluster <cluster name> -auto-source-cleanup false

  3. 移行ステータスを確認します。

    「最も多いクラスタ *>vserver migrate show 」を使用します

    SVM 移行のカットオーバーが完了し、ソースクラスタの SVM を削除する準備ができている場合は、ステータスに「 ready for -source-cleanup 」と表示されます。