日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

管理アクティビティの監査設定を管理するためのコマンド

寄稿者 netapp-thomi

「 audit.log 」ファイルに記録される管理アクティビティを管理するには、「 securityaudit 」コマンドを使用します。監査ログの転送先を管理するには 'cluster log-forwarding コマンドを使用します

状況 使用するコマンド

デフォルトの set 要求に加えて、 ONTAP CLI または API からの get 要求が監査ログ(「 audit.log 」ファイル)に記録されるように指定します

「セキュリティ監査の変更」

監査ログの設定を表示します

「セキュリティ監査」をご覧ください

クラスタ内の複数のノードからマージされた監査エントリを表示します

「 securityaudit log show 」を参照してください

監査ログの転送先と、その転送用のセキュリティ対策を指定します

「 cluster log-forwarding create 」

監査ログの転送先を変更します

「 cluster log-forwarding modify 」

監査ログの送信先を削除します

「 cluster log-forwarding delete 」のように指定します

監査ログに設定されている送信先を表示します

cluster log-forwarding show