日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ノードをリモートから管理するためのコマンド

寄稿者 netapp-barbe

ノードをリモートで管理するには、ノードの SP にアクセスし、 SP CLI コマンドを実行してノード管理タスクを実行します。よく実行されるいくつかのリモートノード管理タスクについては、クラスタ内の別のノードから ONTAP コマンドを使用することもできます。一部の SP コマンドはプラットフォーム固有であるため、プラットフォームによっては使用できない場合があります。

状況 使用する SP コマンド 使用する BMC コマンド または ONTAP コマンド

使用できる SP コマンド、または指定した SP コマンドのサブコマンドを表示する

「 help 」「 command 」

SP CLI の現在の権限レベルを表示します

「 priv show 」

SP CLI について指定されたモードにアクセスするには、権限レベルを設定してください

'priv set '{admin

'advanced`

d iag`}

システムの日付と時刻を表示します

「食事」

「食事」

SP によって記録されるイベントを表示する

「 events 」「 { all

info

`new``number

`oldest number

`arch 」」

SP のステータスとネットワーク設定情報を表示する

'p status '[-v`

-d]

-v オプションを指定すると 'SP の統計情報が詳細形式で表示されます-d オプションを指定すると 'SP デバッグ・ログが表示に追加されます

bmc status `[-v

-d]

-v オプションを指定すると 'SP の統計情報が詳細形式で表示されます-d オプションを指定すると 'SP デバッグ・ログが表示に追加されます

「 system service-processor show 」を参照してください

SP が稼働している時間、および過去 1 分、 5 分、 15 分間に実行キューに入れられているジョブの平均数を表示します

「アップタイム」

「 BMC uptime 」

システムコンソールログを表示する

「システムログ」

SP ログアーカイブ、またはアーカイブ内のファイルを表示する

'p log history show [-archive`{`latest

all

archive-name}][--dump{all

`file-name}]

「 bmc log history show [-archive `{`latest

all

archive-name}][--dump{all

`file-name}] 」

ノードのコントローラの電源ステータスを表示する

「システム電源ステータス」

「 system node power show 」のように表示されます

バッテリ情報を表示します

「 system battery show 」(システムバッテリー表示

ACP 情報またはエクスパンダセンサーのステータスを表示します

「システム ACP 」 [`s how `

`ensors show `]

すべてのシステム FRU とその ID をリストします

「システム FRU リスト」

指定した FRU の製品情報を表示します

「 system fru show `fru_id 」を表示します

FRU のデータ履歴ログを表示します

「 system fru log show 」( advanced 権限レベル)

状態や現在の値など、環境センサーのステータスを表示します

「 system sensors 」または「 system sensors show 」と表示されます

「 system node environment sensors show 」のように表示されます

指定したセンサーのステータスと詳細を表示する

「システム・センサーは '`sensor_name' を取得します

「システムセンサー」または「システムセンサー show 」コマンドを使用して、「 ensor_name 」を取得できます。

SP ファームウェアのバージョン情報を表示する

「バージョン」

「 system service-processor image show 」を参照してください

SP コマンド履歴を表示する

'p log audit' ( advanced 権限レベル)

「 BMC log audit 」

SP デバッグ情報を表示します

「 p log debug 」( advanced 権限レベル)

'bmc log debug' ( advanced 権限レベル)

SP メッセージファイルを表示します

「 p log messages 」( advanced 権限レベル)

「 bmc log messages 」( advanced 権限レベル)

watchdog リセットイベントでシステムの詳細情報を収集する設定を表示するか、 watchdog リセットイベント中に収集されたシステムの詳細情報を表示するか、収集されたシステム詳細情報をクリアする

「システムフォレンジック」 [`s 方法

'log dump `

log clear `]

システムコンソールにログインします

「システムコンソール」

「 system node run-console 」というメッセージが表示されます

システムコンソールセッションを終了するには、 Ctrl+D キーを押す必要があります。

ノードをオンまたはオフにするか、電源の再投入を行う(電源をオフにして再度オンにする)

「システム電源」がオンになっています

「 system node power on 」( advanced 権限レベル)

「システム電源オフ」

「システム電源」「サイクル」

スタンバイ電源は、 SP が中断されることなく稼働し続けるために、オンのままになります。電源再投入の場合は、電源は一時的に停止したあと、再度オンになります。

注記

これらのコマンドを使用してノードの電源をオフにするか再投入すると、原因でノードが誤ってシャットダウンされる(「 a_dirty shutdown_ 」とも呼ばれる)場合があります。この方法は、 ONTAP の「 system node halt 」コマンドを使用した正常なシャットダウンの代わりにはなりません。

コアダンプを作成してノードをリセットする

「システム・コア」 [-f]

f オプションを指定すると、コア・ダンプの作成とノードのリセットが強制的に実行されます。

「システム・ノード・コアダンプ・トリガー」

( advanced 権限レベル)

このコマンドの機能は、ノードで Non-maskable Interrupt ( NMI )ボタンを押した場合と同じです。ノードがダーティーシャットダウンされ、ノードを停止する際にコアファイルが強制的にダンプされます。これらのコマンドは、ノード上の ONTAP がハングし、「システムノードのシャットダウン」などのコマンドに応答しないときに役立ちます。生成されたコアダンプファイルは、「 system node coredump show 」コマンドの出力に表示されます。SP は、ノードへの給電が遮断されないかぎり、動作可能な状態を保ちます。

ノードのブートデバイスのイメージが壊れたなどの問題からリカバリするために、 BIOS ファームウェアイメージ( primary 、 backup 、または current )をオプションで指定してノードをリブートします

' システムリセット '{primary

'backup`

current}

'system node reset' と '-firmware '{`primary'

'backup'

`current'} パラメータ( advanced 特権レベル)

「システムノードのリセット」

注記

この処理を実行すると、ノードがダーティーシャットダウンされます。

BIOS ファームウェアイメージを指定しない場合は、現在のイメージを使用してリブートされます。SP は、ノードへの給電が遮断されないかぎり、動作可能な状態を保ちます。

バッテリファームウェアの自動更新のステータスを表示するか、次回の SP ブート時のバッテリファームウェアの自動更新を有効または無効にします

'system battery auto_updat'[`tatus

`enable

'd isable `]

( advanced 権限レベル)

現在のバッテリファームウェアのイメージと指定したファームウェアイメージを比較します

'system battery verify `[`image_URL]

( advanced 権限レベル)

「 image_URL 」が指定されていない場合、比較にはデフォルトのバッテリファームウェアイメージが使用されます。

指定した場所でイメージからバッテリファームウェアを更新します

'system battery flash'`image_url'

( advanced 権限レベル)

何らかの理由でバッテリファームウェアの自動アップグレードプロセスに失敗した場合は、このコマンドを使用します。

指定した場所でイメージを使用して SP ファームウェアを更新します

'p update `image_URL image_url' は 200 文字以内にする必要があります

「 bmc update `image_URL image_url 」は 200 文字以内にする必要があります。

「システムサービス - プロセッサイメージの更新」を参照してください

SP をリブートします

'p reboot (再起動

「 system service-processor reboot-sp 」を参照してください

注記

SP をバックアップイメージからブートすることは避けてください。バックアップイメージからのブートは、トラブルシューティングとリカバリの目的でのみ使用します。SP の自動ファームウェア更新の無効化が必要になる場合があるため、推奨される設定ではありません。SP をバックアップイメージからブートする前に、テクニカルサポートにお問い合わせください。

NVRAM フラッシュコンテンツを消去します

「 system nvram flash clear 」( advanced 権限レベル)

このコマンドは、コントローラの電源がオフのとき(「システム電源がオフ」)は開始できません。

SP CLI を終了します

「 exit