日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

AutoSupport を使用するための要件

寄稿者

セキュリティを確保し、 AutoSupport の最新機能をすべてサポートするには、 HTTPS を使用して AutoSupport メッセージを配信する必要があります。AutoSupport では AutoSupport メッセージの配信用に HTTP と SMTP がサポートされていますが、 HTTPS が推奨されます。

サポートされているプロトコル

これらのプロトコルはいずれも、名前が解決されるアドレスファミリーに応じて IPv4 または IPv6 で実行されます。

プロトコルとポート 説明

ポート 443 で HTTPS を使用します

これがデフォルトのプロトコルです。できるだけこのプロトコルを使用することを推奨します。

このプロトコルでは、 AutoSupport OnDemand と大容量ファイルのアップロードがサポートされます。

検証を無効にしないかぎり、リモートサーバからの証明書がルート証明書に照らして検証されます。

配信には HTTP PUT 要求が使用されます。PUT では、要求の転送中にエラーが発生した場合に、停止した場所から要求が再開されます。要求を受信したサーバで PUT がサポートされていない場合は、 HTTP POST 要求が使用されます。

ポート 80 の HTTP

このプロトコルは SMTP よりも推奨されます。

このプロトコルでは、大容量ファイルのアップロードがサポートされますが、 AutoSupport OnDemand はサポートされません。

配信には HTTP PUT 要求が使用されます。PUT では、要求の転送中にエラーが発生した場合に、停止した場所から要求が再開されます。要求を受信したサーバで PUT がサポートされていない場合は、 HTTP POST 要求が使用されます。

SMTP :ポート 25 または別のポート

このプロトコルを使用するのは、ネットワーク接続で HTTPS または HTTP を使用できない場合だけにしてください。

デフォルトのポート値は 25 ですが、別のポートを使用するように AutoSupport を設定できます。

SMTP を使用する場合は、次の制限事項に注意してください。

  • AutoSupport OnDemand と大容量ファイルのアップロードはサポートされません。

  • データは暗号化されません。

    SMTP ではデータがクリアテキストで送信されるため、 AutoSupport メッセージ内のテキストの傍受や読み取りが容易になります。

  • メッセージの長さや行の長さの制限が生じることがあります。

AutoSupport に社内のサポート部門またはサポートパートナーの E メールアドレスを指定した場合、それらのメッセージは常に SMTP で送信されます。

たとえば、推奨されるプロトコルを使用してテクニカルサポートにメッセージを送信し、同時に社内のサポート部門にもメッセージを送信する場合は、それぞれ HTTPS と SMTP を使用して転送されます。

AutoSupport では、プロトコルごとに最大ファイルサイズが制限されます。HTTP および HTTPS 転送のデフォルト設定は 25MB です。SMTP 転送のデフォルト設定は 5MB です。AutoSupport メッセージのサイズが設定された上限を超えると、 AutoSupport はできるだけ多くのメッセージを配信します。最大サイズは、 AutoSupport の設定を変更することで編集できます。詳細については、「 system node AutoSupport modify 」のマニュアルページを参照してください。

注記

コアダンプファイルやパフォーマンスアーカイブファイルをネットアップサポートサイトや指定の URI にアップロードする AutoSupport メッセージを生成して送信すると、 HTTPS プロトコルと HTTP プロトコルの最大ファイルサイズの上限は自動的に無視されます。 AutoSupport自動オーバーライドは、「 system node AutoSupport invoke-core-upload 」コマンドまたは「 system node AutoSupport invoke-performance-archive 」コマンドを使用してファイルをアップロードする場合にのみ適用されます。

設定要件

ネットワークの設定によっては、 HTTP プロトコルまたは HTTPS プロトコルを使用するためにプロキシ URL の設定が必要になる場合があります。HTTP または HTTPS を使用したテクニカルサポートへの AutoSupport メッセージの送信でプロキシを使用する場合は、プロキシの URL を指定する必要があります。プロキシがデフォルトのポート( 3128 )以外のポートを使用する場合は、そのプロキシのポートを指定できます。プロキシ認証のユーザ名とパスワードを指定することもできます。

SMTP を使用して社内のサポート部門やテクニカルサポートに AutoSupport メッセージを送信する場合は、外部のメールサーバを設定する必要があります。ストレージシステムはメールサーバとしては機能しないため、メール送信用に外部のメールサーバが別途必要になります。このメールサーバを SMTP ポート( 25 )または別のポートを監視するホストにして、 8 ビットの Multipurpose Internet Mail Extensions ( MIME )エンコーディングを送受信するように設定する必要があります。メール・ホストの例としては 'sendmail プログラムなどの SMTP サーバを実行する UNIX ホストと 'Microsoft Exchange サーバを実行する Windows サーバがありますメールホストは 1 つでも複数でもかまいません。