日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

アフィニティ情報とは

寄稿者 netapp-thomi

CAB 対応のバックアップアプリケーションを使用すると、ボリュームとテープデバイスに関する一意の場所情報が NDMP サーバから提供されます。ボリュームとテープデバイスが同じアフィニティを共有している場合、バックアップアプリケーションではこのアフィニティ情報を使用して、 3 ウェイバックアップの代わりにローカルバックアップを実行できます。

ノード管理 LIF 、クラスタ管理 LIF で NDMP 制御接続が確立されている場合は、 またはクラスタ間 LIF の場合、バックアップアプリケーションではアフィニティ情報を使用してボリュームとテープデバイスが同じノードに配置されているかどうかを判断し、ローカルまたは 3 ウェイバックアップ / リストア処理を実行できます。データ LIF で NDMP 制御接続が確立されると、バックアップアプリケーションは常に 3 ウェイバックアップを実行します。

ローカル NDMP バックアップと 3 ウェイ NDMP バックアップ

ローカルおよび 3 ウェイバックアップ図

DMA (バックアップアプリケーション)は、ボリュームとテープデバイスに関するアフィニティ情報を使用して、クラスタ内のノード 1 にあるボリュームとテープデバイスでローカル NDMP バックアップを実行します。ボリュームがノード 1 からノード 2 に移動すると、ボリュームとテープデバイスに関するアフィニティ情報が変更されます。したがって、後続のバックアップについては、 DMA は 3 ウェイ NDMP バックアップ処理を実行します。これにより、ボリュームの移動先のノードに関係なく、ボリュームのバックアップポリシーが維持されます。