日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

書き込まれた新しいデータの量に応じて効率化処理を実行します

寄稿者

効率化処理スケジュールを変更し、前回の効率化処理(手動またはスケジュールによる)後にボリュームに書き込まれた新規ブロック数が指定のしきい値を超えたときに、重複排除またはデータ圧縮を実行することができます。

'schedule' オプションが 'auto' に設定されている場合 ' 新しいデータの量が指定された割合を超えると ' スケジュールされた効率化処理が実行されますデフォルトのしきい値は 20% です。このしきい値は、すでに効率化処理によって処理された総ブロック数に対する割合です。

ステップ
  1. しきい値の割合値を変更するには 'auto@num' オプションを指定して volume efficiency modify コマンドを使用します

    'num' はパーセンテージを指定する 2 桁の数値です

次のコマンドは、ボリューム VolA のしきい値を 30% に変更します。

volume efficiency modify -vserver vs1 -volume -VolA -schedule auto@30`