日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SAN ボリュームについて

寄稿者

ONTAP には、基本的なボリュームプロビジョニングオプションとして、シックプロビジョニング、シンプロビジョニング、セミシックプロビジョニングの 3 つが用意されています。各オプションでは、ボリュームスペースおよび ONTAP ブロック共有テクノロジでのスペース要件がさまざまな方法で管理されます。これらのオプションの仕組みを理解することで、環境に最も適したオプションを選択できるようになります。

注記

SAN LUN と NAS 共有を同じ FlexVol に配置することは推奨されません。SAN LUN と FlexVol NAS 共有それぞれに専用の FlexVol ボリュームをプロビジョニングしてください。これにより、管理とレプリケーションの導入が簡易化され、 Active IQ Unified Manager (旧 OnCommand Unified Manager )での FlexVol ボリュームのサポート方法が統一されます。

ボリュームのシンプロビジョニング

シンプロビジョニングボリュームは、作成時に ONTAP によって追加のスペースが確保されることはありません。ボリュームにデータが書き込まれるときに、書き込み処理に対応するために必要なアグリゲート内のストレージをボリュームが要求します。シンプロビジョニングボリュームを使用する場合はアグリゲートをオーバーコミットできますが、アグリゲートの空きスペースが不足すると、必要なスペースをボリュームが確保できなくなる可能性があります。

シン・プロビジョニングされた FlexVol ボリュームを作成するには '-space-guarantee-オプション を none に設定します

ボリュームのシックプロビジョニング

シックプロビジョニングボリュームを作成すると、ボリューム内のブロックにいつでも書き込むことができるように、 ONTAP はアグリゲートから十分なストレージを確保します。シックプロビジョニングを使用するようにボリュームを構成する場合は、圧縮や重複排除などの ONTAP の Storage Efficiency 機能を使用して、事前に必要となる大容量のストレージをオフセットすることができます。

シックプロビジョニング FlexVol ボリュームを作成するには、その「 -space-slo 」(サービスレベル目標)オプションを「 thick 」に設定します。

ボリュームのセミシックプロビジョニング

セミシックプロビジョニングを利用するボリュームを作成すると、 ONTAP はボリュームサイズに相当するストレージスペースをアグリゲートから確保します。ブロック共有テクノロジでブロックが使用されているためにボリュームの空きスペースが不足しそうになると、 ONTAP は保護データオブジェクト( Snapshot コピー、 FlexClone ファイル、 FlexClone LUN )を削除して、該当するオブジェクトが保持しているスペースを解放します。上書きに必要なスペースを確保できる速度で ONTAP が保護データオブジェクトを削除できるかぎり、書き込み処理は続行されます。これは「ベストエフォート」書き込み保証と呼ばれます。

注記

セミシックプロビジョニングを使用しているボリュームでは、重複排除、圧縮、コンパクションなどのストレージ効率化テクノロジは使用できません。

セミシックプロビジョニング FlexVol ボリュームを作成するには、その「 -space-slo 」(サービスレベル目標)オプションを「 emi-thick 」に設定します。

スペースリザーブファイルおよびスペースリザーブ LUN で使用します

スペースリザーブファイルまたはスペースリザーブ LUN は、ストレージの作成時にそのストレージに割り当てられるものです。ネットアップではこれまで、スペース・リザベーションが無効になっている LUN (スペース・リザーブなしの LUN )を「シン・プロビジョニング LUN 」と呼んできました。

注記

スペースリザーブなしのファイルは、一般に「シンプロビジョニングされたファイル」とは呼ばれません。

次の表に、スペースリザーブファイルおよびスペースリザーブ LUN で使用できる 3 つのボリュームプロビジョニングオプションの主な違いを示します。

ボリュームのプロビジョニング LUN/file のスペースリザベーション 上書きします 保護データ 2 ストレージ効率 3

厚み( Thick )

サポートされます

保証された ^1

保証

サポートされます

シン

効果はありません

なし

保証

サポートされます

セミシック

サポートされます

ベストエフォート ^1 ^

ベストエフォート

サポート対象外

  • メモ *

    1. 上書きの保証またはベストエフォートの上書き保証が行われるには、 LUN またはファイルでスペースリザベーションが有効になっている必要があります。

    2. 保護データには、 Snapshot コピーおよび自動削除の対象とマークされた FlexClone ファイルと FlexClone LUN (バックアップクローン)が含まれます。

    3. Storage Efficiency には、重複排除、圧縮、自動削除の対象とマークされていない FlexClone ファイルと FlexClone LUN (アクティブクローン)、および FlexClone サブファイル(コピーオフロードに使用)が含まれます。

SCSI シンプロビジョニング LUN のサポート

ONTAP は、 T10 SCSI シンプロビジョニング LUN に加え、ネットアップのシンプロビジョニング LUN もサポートしています。T10 SCSI シンプロビジョニングを使用すると、ホストアプリケーションで、 LUN のスペース再生やブロック環境の LUN スペース監視機能などの SCSI 機能をサポートできます。使用する SCSI ホストソフトウェアも、 T10 SCSI シンプロビジョニングをサポートしている必要があります。

LUN の T10 シンプロビジョニングのサポートを有効 / 無効にするには、 ONTAP の pace -allocation 設定を使用します。LUN の T10 SCSI シンプロビジョニングを有効にするには、 ONTAP の pace -allocation enable 設定を使用します。

T10 シンプロビジョニングのサポートを有効 / 無効にする方法と、 LUN の T10 SCSI シンプロビジョニングを有効にする方法の詳細については、『 ONTAP Command Reference Manual 』の「 [-space-allocation { enabled | disabled }] 」コマンドを参照してください。