日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

概要

寄稿者 netapp-madhulik Ronya-Robinson

SnapCenter Plug-in for VMware vSphere REST API を使用して、一般的なデータ保護処理を実行できます。プラグインでは、 Windows SnapCenter Swagger Web ページと Swagger Web ページが異なります。

  • REST API ワークフローは、 VMware vSphere 用の REST API を使用している VM およびデータストアでの次の処理についてドキュメント化されています。

    • Storage VM とクラスタを追加、変更、削除する

    • リソースグループを作成、変更、および削除する

    • スケジュールされたオンデマンドの VM をバックアップする

    • 既存の VM および削除した VM をリストアする

    • VMDK をリストアする

    • VMDK を接続および接続解除する

    • データストアのマウントとアンマウント

    • ジョブのダウンロードとレポートの生成

    • 組み込みのスケジュールを変更

  • VMware vSphere 用の REST API でサポートされていない処理

    • ゲストファイルのリストア

    • SnapCenter VMware プラグインのインストールと設定

    • RBAC ロールまたはアクセスをユーザに割り当てます

  • uri パラメータ

    URI' パラメータは常にヌル値を返します

  • ログインタイムアウト

    デフォルトのタイムアウトは 120 分( 2 時間)です。vCenter の設定で別のタイムアウト値を設定できます。

  • トークン管理

    セキュリティ上の理由から、 REST API は各要求で渡される必須トークンを使用します。このトークンは、クライアント検証のすべての API 呼び出しで使用されます。VMware vSphere 用の REST API では、 VMware 認証 API を使用してトークンを取得します。トークン管理は VMware が提供します。

    トークンを取得するには '/4.1/auth/login’REST API を使用して vCenter のクレデンシャルを指定します

  • API バージョンの指定

    各 REST API 名には、 REST API を最初にリリースした SnapCenter のバージョン番号が含まれています。たとえば 'REST API'/4.1/datastores /{more}/backups' は SnapCenter 4.1 で最初にリリースされました

    今後のリリースの REST API は、通常は下位互換性があり、必要に応じて新しい機能に合わせて変更される予定です。