日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Astra Trident REST API

寄稿者

"tridentctl コマンドとオプション" Trident の REST API を操作するには簡単です。 REST エンドポイントは必要に応じて直接使用できます。

これは、 Kubernetes 以外の環境で、 Astra Trident をスタンドアロンバイナリとして使用する高度なインストールに役立ちます。

セキュリティを強化するために、 Astra Trident の「 RE ST API 」は、ポッド内で実行される場合のデフォルトで localhost に制限されています。この動作を変更するには、ポッド構成で Astra Trident の「 -address 」引数を設定する必要があります。

API は次のように機能します。

取得

  • get<trident-address>/trident/v1/<object-type>: そのタイプのすべてのオブジェクトを一覧表示します。

  • get<trident-address>/trident/v1/< オブジェクトタイプ >/< オブジェクト名 >: 名前付きオブジェクトの詳細を取得します。

投稿( Post )

'POST <trident-address>/trident/v1/<object-type>` :指定した型のオブジェクトを作成します。

  • オブジェクトを作成するには JSON 構成が必要です。各オブジェクトタイプの仕様については、を参照してください "tridentctl コマンドとオプション"

  • オブジェクトがすでに存在する場合、動作は一定ではありません。バックエンドが既存のオブジェクトを更新しますが、それ以外のすべてのオブジェクトタイプで処理が失敗します。

削除

D eleet<trident-address>/trident/v1/< オブジェクトタイプ >/< オブジェクト名 > :名前付きリソースを削除します。

注記 バックエンドまたはストレージクラスに関連付けられているボリュームは削除されず、削除されません。詳細については、を参照してください "tridentctl コマンドとオプション"

これらの API の呼び出し方法の例については 'debug(d`) フラグを渡してください詳細については、を参照してください "tridentctl コマンドとオプション"