日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Astra Trident を導入

寄稿者

Astra Trident for Docker は、ネットアップのストレージプラットフォーム向けの Docker エコシステムとの直接統合を実現します。ストレージプラットフォームから Docker ホストまで、ストレージリソースのプロビジョニングと管理をサポートします。また、将来プラットフォームを追加するためのフレームワークもサポートします。

Astra Trident の複数のインスタンスを同じホストで同時に実行できます。これにより、複数のストレージシステムとストレージタイプへの同時接続が可能になり、 Docker ボリュームに使用するストレージをカスタマイズできます。

を参照してください "導入の前提条件"。前提条件を満たしていることを確認したら、 Astra Trident を導入する準備ができました。

Docker Managed Plugin メソッド(バージョン 1.13 / 17.03 以降)

注記
作業を開始する前に
従来のデーモン方式で Astra Trident 以前の Docker 1.13 / 17.03 を使用していた場合は、マネージドプラグイン方式を使用する前に Astra Trident プロセスを停止し、 Docker デーモンを再起動してください。
  1. 実行中のインスタンスをすべて停止します。

    pkill /usr/local/bin/netappdvp
    pkill /usr/local/bin/trident
  2. Docker を再起動します。

    systemctl restart docker
  3. Docker Engine 17.03 (新しい 1.13 )以降がインストールされていることを確認します。

    docker --version

    バージョンが最新でない場合は、 "インストール環境をインストールまたは更新します"

手順
  1. 構成ファイルを作成し、次のオプションを指定します。

    • config: デフォルトのファイル名は 'config.json ですが ' ファイル名に config オプションを指定することで ' 選択した任意の名前を使用できます構成ファイルは ' ホスト・システムの /etc/netappdvp ディレクトリに格納されている必要があります

    • 「 log-level 」:ログレベルを指定します(「 debug` 」、「 info 」、「 warn 」、「 error 」、「 fatal 」)。デフォルトは「 info 」です。

    • ebug: デバッグログを有効にするかどうかを指定します。デフォルトは false です。true の場合、ログレベルを上書きします。

      1. 構成ファイルの場所を作成します。

        sudo mkdir -p /etc/netappdvp
      2. 構成ファイルを作成します

        cat << EOF > /etc/netappdvp/config.json
        {
            "version": 1,
            "storageDriverName": "ontap-nas",
            "managementLIF": "10.0.0.1",
            "dataLIF": "10.0.0.2",
            "svm": "svm_nfs",
            "username": "vsadmin",
            "password": "secret",
            "aggregate": "aggr1"
        }
        EOF
  2. マネージドプラグインシステムを使用して Astra Trident を起動交換してください <version> 使用しているプラグインのバージョン(xxx.xxx.xxx.xxx)を使用している必要があります。

    docker plugin install --grant-all-permissions --alias netapp netapp/trident-plugin:<version> config=myConfigFile.json
  3. Astra Trident を使用して、構成したシステムのストレージを使用しましょう。

    1. 「 firstVolume 」という名前のボリュームを作成します。

      docker volume create -d netapp --name firstVolume
    2. コンテナの開始時にデフォルトのボリュームを作成します。

      docker run --rm -it --volume-driver netapp --volume secondVolume:/my_vol alpine ash
    3. ボリューム「 firstVolume 」を削除します。

      docker volume rm firstVolume

従来の方法(バージョン 1.12 以前)

作業を開始する前に
  1. バージョン 1.10 以降の Docker がインストールされていることを確認します。

    docker --version

    使用しているバージョンが最新でない場合は、インストールを更新します。

    curl -fsSL https://get.docker.com/ | sh
  2. NFS または iSCSI がシステムに対して設定されていることを確認します。

手順
  1. NetApp Docker Volume Plugin をインストールして設定します。

    1. アプリケーションをダウンロードして開梱します。

      wget https://github.com/NetApp/trident/releases/download/v22.10.0/trident-installer-22.10.0.tar.gz
      tar zxf trident-installer-22.10.0.tar.gz
    2. ビンパス内の場所に移動します。

      sudo mv trident-installer/extras/bin/trident /usr/local/bin/
      sudo chown root:root /usr/local/bin/trident
      sudo chmod 755 /usr/local/bin/trident
    3. 構成ファイルの場所を作成します。

      sudo mkdir -p /etc/netappdvp
    4. 構成ファイルを作成します

      cat << EOF > /etc/netappdvp/ontap-nas.json
      {
          "version": 1,
          "storageDriverName": "ontap-nas",
          "managementLIF": "10.0.0.1",
          "dataLIF": "10.0.0.2",
          "svm": "svm_nfs",
          "username": "vsadmin",
          "password": "secret",
          "aggregate": "aggr1"
      }
      EOF
  2. バイナリを配置して構成ファイルを作成したら、必要な構成ファイルを使用して Trident デーモンを開始します。

    sudo trident --config=/etc/netappdvp/ontap-nas.json
    注記 指定しないかぎり、ボリュームドライバのデフォルト名は「 netapp 」です。

    デーモンが開始されたら、 Docker CLI インターフェイスを使用してボリュームを作成および管理できます

  3. ボリュームを作成します

    docker volume create -d netapp --name trident_1
  4. コンテナの開始時に Docker ボリュームをプロビジョニング:

    docker run --rm -it --volume-driver netapp --volume trident_2:/my_vol alpine ash
  5. Docker ボリュームを削除します。

    docker volume rm trident_1
    docker volume rm trident_2

システム起動時に Astra Trident を起動

システムベースのシステム用のサンプルユニットファイルは、 Git repo の「 contrib / trident.service.example` 」にあります。このファイルをCentOS 7 / RHELで使用するには、次の手順を実行します。

  1. ファイルを正しい場所にコピーします。

    複数のインスタンスを実行している場合は、ユニットファイルに一意の名前を使用してください。

    cp contrib/trident.service.example /usr/lib/systemd/system/trident.service
  2. ファイルを編集し、概要( 2 行目)を変更してドライバ名と構成ファイルのパス( 9 行目)を環境に合わせます。

  3. 変更を取り込むためにシステムをリロードします。

    systemctl daemon-reload
  4. サービスを有効にします。

    この名前は '/usr/lib/systemd/system' ディレクトリ内のファイルの名前によって異なります

    systemctl enable trident
  5. サービスを開始します。

    systemctl start trident
  6. ステータスを確認します。

    systemctl status trident
注記 ユニット・ファイルを変更するときは ' 変更を認識するために 'systemctl daemon-reload コマンドを実行します