日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ボリュームを操作します

寄稿者

必要に応じて Astra Trident ドライバ名を指定した標準の「 DOcker volume 」コマンドを使用すると、ボリュームの作成、クローニング、削除を簡単に行うことができます。

ボリュームを作成します

  • デフォルトの名前を使用して、ドライバでボリュームを作成します。

    docker volume create -d netapp --name firstVolume
  • 特定の Astra Trident インスタンスを使用してボリュームを作成します。

    docker volume create -d ntap_bronze --name bronzeVolume
    注記 何も指定しない場合 "オプション( Options )"、ドライバのデフォルトが使用されます。
  • デフォルトのボリュームサイズを上書きします。次の例を参照して、ドライバで 20GiB ボリュームを作成してください。

    docker volume create -d netapp --name my_vol --opt size=20G
    ヒント ボリュームサイズは、オプションの単位( 10G 、 20GB 、 3TiB など)を含む整数値で指定します。単位を指定しない場合、デフォルトは g ですサイズの単位は、 2 の累乗( B 、 KiB 、 MiB 、 GiB 、 TiB )または 10 の累乗( B 、 KB 、 MB 、 GB 、 TB )のいずれかです。略記単位では、 2 の累乗が使用されます( G=GiB 、 T=TiB 、…)。

ボリュームを削除します

  • 他の Docker ボリュームと同様にボリュームを削除します。

    docker volume rm firstVolume
    重要 「 olidfire -san 」ドライバを使用する場合、上記の例ではボリュームを削除してパージします。

Astra Trident for Docker をアップグレードするには、次の手順を実行します。

ボリュームのクローンを作成します

「 ONTAP-NAS' 」、「 ONTAP-SAN' 」、「 olidfire-SAN' 」、「 aws -cvs storage drivers 」を使用する場合、 Astra Trident はボリュームのクローンを作成できます。「 ONTAP-NAS-flexgroup 」または「 ONTAP-NAS-エコノミー 」ドライバを使用する場合、クローニングはサポートされません。既存のボリュームから新しいボリュームを作成すると、新しい Snapshot が作成されます。

  • ボリュームを調べて Snapshot を列挙します。

    docker volume inspect <volume_name>
  • 既存のボリュームから新しいボリュームを作成します。その結果、新しい Snapshot が作成されます。

    docker volume create -d <driver_name> --name <new_name> -o from=<source_docker_volume>
  • ボリューム上の既存の Snapshot から新しいボリュームを作成します。新しい Snapshot は作成されません。

    docker volume create -d <driver_name> --name <new_name> -o from=<source_docker_volume> -o fromSnapshot=<source_snap_name>

[me@host ~]$ docker volume inspect firstVolume

[
    {
        "Driver": "ontap-nas",
        "Labels": null,
        "Mountpoint": "/var/lib/docker-volumes/ontap-nas/netappdvp_firstVolume",
        "Name": "firstVolume",
        "Options": {},
        "Scope": "global",
        "Status": {
            "Snapshots": [
                {
                    "Created": "2017-02-10T19:05:00Z",
                    "Name": "hourly.2017-02-10_1505"
                }
            ]
        }
    }
]

[me@host ~]$ docker volume create -d ontap-nas --name clonedVolume -o from=firstVolume
clonedVolume

[me@host ~]$ docker volume rm clonedVolume
[me@host ~]$ docker volume create -d ontap-nas --name volFromSnap -o from=firstVolume -o fromSnapshot=hourly.2017-02-10_1505
volFromSnap

[me@host ~]$ docker volume rm volFromSnap

外部で作成されたボリュームにアクセス

Trident * を使用して、外部で作成されたブロックデバイス(またはそれらのクローン)には、パーティションがなく、ファイルシステムが Astra Trident でサポートされている場合(例えば、 "ext4 ’でフォーマットされた "/dev/sdc1" は Astra Trident 経由でアクセスできません)のみ、コンテナからアクセスできます。