Skip to main content
日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Tridentオペレータを手動で導入(標準モード)

共同作成者

Tridentオペレータが手動で導入してAstra Tridentをインストールできます。このプロセスでは、環境 をインストールする際に、Astra Tridentで必要なコンテナイメージがプライベートレジストリに格納されません。プライベートイメージレジストリがある場合は、を使用します "オフライン導入のプロセス"

Astra Tridentに関する重要な情報23.10

  • Astra Tridentに関する次の重要な情報をお読みください。*

<strong> :Trident </strong> に関する重要な情報
  • TridentでKubernetes 1.27がサポートされるようになりました。Kubernetesをアップグレードする前にTridentをアップグレード

  • Astra Tridentは、SAN環境でマルチパス構成を厳密に使用し、推奨される値をに設定します find_multipaths: no multipath.confファイル内。

    非マルチパス構成またはを使用 find_multipaths: yes または find_multipaths: smart multipath.confファイルの値が原因でマウントが失敗します。Tridentはの使用を推奨しています find_multipaths: no 21.07リリース以降

Tridentオペレータを手動で導入し、Tridentをインストール

レビュー "インストールの概要" インストールの前提条件を満たし、環境に適したインストールオプションを選択していることを確認します。

作業を開始する前に

インストールを開始する前に、Linuxホストにログインして、管理が機能していることを確認します。 "サポートされる Kubernetes クラスタ" 必要な権限があることを確認します。

メモ OpenShift では、以降のすべての例で「 kubectl 」ではなく「 OC 」を使用し、「 OC login-u SYSTEM : admin 」または「 OC login-u kube-admin 」を実行して最初に「 *system:admin 」としてログインします。
Details
  1. Kubernetesのバージョンを確認します。

    kubectl version
  2. クラスタ管理者の権限を確認します。

    kubectl auth can-i '*' '*' --all-namespaces
  3. Docker Hubのイメージを使用してポッドを起動し、ポッドネットワーク経由でストレージシステムにアクセスできることを確認します。

    kubectl run -i --tty ping --image=busybox --restart=Never --rm -- \
      ping <management IP>

手順1:Tridentのインストーラパッケージをダウンロード

Astra Tridentインストーラパッケージには、Tridentオペレータの導入とAstra Tridentのインストールに必要なものがすべて含まれています。から最新バージョンのTridentインストーラをダウンロードして展開します "GitHubの_Assets_sectionを参照してください"

wget https://github.com/NetApp/trident/releases/download/v23.10.0/trident-installer-23.10.0.tar.gz
tar -xf trident-installer-23.10.0.tar.gz
cd trident-installer

手順2:を作成します TridentOrchestrator CRD

を作成します TridentOrchestrator カスタムリソース定義(CRD)。を作成します TridentOrchestrator カスタムリソース。で適切なCRD YAMLバージョンを使用します deploy/crds を作成します TridentOrchestrator CRD。

kubectl create -f deploy/crds/trident.netapp.io_tridentorchestrators_crd_post1.16.yaml

手順3:Tridentのオペレータを導入する

Astra Tridentインストーラには、オペレータのインストールや関連オブジェクトの作成に使用できるバンドルファイルが用意されています。このバンドルファイルを使用すると、オペレータを簡単に導入し、デフォルトの設定でAstra Tridentをインストールできます。

  • クラスタでKubernetes 1.24以前を実行している場合は、を使用します bundle_pre_1_25.yaml

  • クラスタでKubernetes 1.25以降を実行している場合は、を使用します bundle_post_1_25.yaml

作業を開始する前に
  • デフォルトでは、Tridentのインストーラによって trident ネームスペース:状況に応じて trident ネームスペースが存在しません。次を使用して作成してください:

    kubectl apply -f deploy/namespace.yaml
  • オペレータを以外のネームスペースに配置する場合 trident 名前空間、更新 serviceaccount.yamlclusterrolebinding.yaml および operator.yaml を使用してバンドルファイルを生成します kustomization.yaml

    1. を作成します kustomization.yaml 次のコマンドを使用して、<bundle.yaml> is bundle_pre_1_25.yaml または bundle_post_1_25.yaml 使用しているKubernetesのバージョンに基づきます。

      cp deploy/kustomization_<bundle.yaml> deploy/kustomization.yaml
    2. 次のコマンドを使用してバンドルをコンパイルします。WHERE_STORE_IS <bundle.yaml> bundle_pre_1_25.yaml または bundle_post_1_25.yaml 使用しているKubernetesのバージョンに基づきます。

      kubectl kustomize deploy/ > deploy/<bundle.yaml>
手順
  1. リソースを作成し、オペレータを配置します。

    kubectl create -f deploy/<bundle.yaml>
  2. operator、deployment、およびReplicaSetsが作成されたことを確認します。

    kubectl get all -n <operator-namespace>
重要 Kubernetes クラスタには、オペレータのインスタンスが * 1 つしか存在しないようにしてください。Trident のオペレータが複数の環境を構築することは避けてください。

手順4:を作成します TridentOrchestrator Tridentをインストール

これで、を作成できます TridentOrchestrator Astra Tridentを導入必要に応じて、を実行できます "Tridentのインストールをカスタマイズ" で属性を使用する TridentOrchestrator 仕様

kubectl create -f deploy/crds/tridentorchestrator_cr.yaml
tridentorchestrator.trident.netapp.io/trident created

kubectl describe torc trident

Name:        trident
Namespace:
Labels:      <none>
Annotations: <none>
API Version: trident.netapp.io/v1
Kind:        TridentOrchestrator
...
Spec:
  Debug:     true
  Namespace: trident
Status:
  Current Installation Params:
    IPv6:                      false
    Autosupport Hostname:
    Autosupport Image:         netapp/trident-autosupport:23.10
    Autosupport Proxy:
    Autosupport Serial Number:
    Debug:                     true
    Image Pull Secrets:
    Image Registry:
    k8sTimeout:           30
    Kubelet Dir:          /var/lib/kubelet
    Log Format:           text
    Silence Autosupport:  false
    Trident Image:        netapp/trident:23.10.0
  Message:                  Trident installed  Namespace:                trident
  Status:                   Installed
  Version:                  v23.10.0
Events:
    Type Reason Age From Message ---- ------ ---- ---- -------Normal
    Installing 74s trident-operator.netapp.io Installing Trident Normal
    Installed 67s trident-operator.netapp.io Trident installed

インストールを確認します。

インストールを確認するには、いくつかの方法があります。

を使用します TridentOrchestrator ステータス

のステータス TridentOrchestrator インストールが正常に完了したかどうかを示し、インストールされているTridentのバージョンが表示されます。インストール中、のステータス TridentOrchestrator からの変更 Installing 終了: Installed。を確認した場合は Failed ステータスとオペレータは単独で回復できません。 "ログをチェックしてください"

ステータス 説明

インストール中です

オペレータは、この「 TridentOrchestrator 」 CR を使用して Astra Trident をインストールしています。

インストール済み

Astra Trident のインストールが完了しました。

アンインストール中です

オペレータは 'stra Trident をアンインストールしていますこれは 'pec.uninstall=true だからです

アンインストール済み

Astra Trident がアンインストールされました。

失敗しました

オペレータは Astra Trident をインストール、パッチ適用、更新、またはアンインストールできませんでした。オペレータはこの状態からのリカバリを自動的に試みます。この状態が解消されない場合は、トラブルシューティングが必要です。

更新中です

オペレータが既存のインストールを更新しています。

エラー

「 TridentOrchestrator 」は使用されません。別のファイルがすでに存在します。

ポッドの作成ステータスを使用する

作成したポッドのステータスを確認することで、Astra Tridentのインストールが完了したかどうかを確認できます。

kubectl get pods -n trident

NAME                                       READY   STATUS    RESTARTS   AGE
trident-controller-7d466bf5c7-v4cpw        6/6     Running   0           1m
trident-node-linux-mr6zc                   2/2     Running   0           1m
trident-node-linux-xrp7w                   2/2     Running   0           1m
trident-node-linux-zh2jt                   2/2     Running   0           1m
trident-operator-766f7b8658-ldzsv          1/1     Running   0           3m

を使用します tridentctl

を使用できます tridentctl インストールされているAstra Tridentのバージョンを確認します。

./tridentctl -n trident version

+----------------+----------------+
| SERVER VERSION | CLIENT VERSION |
+----------------+----------------+
| 23.10.0        | 23.10.0        |
+----------------+----------------+