日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

要件

サポートされるフロントエンド、バックエンド、およびホスト構成を確認することから始めましょう。

注記 Trident が使用するポートについては、を参照してください "こちらをご覧ください"

サポートされるフロントエンド(オーケストレーションツール)

Trident Astra は、次のような複数のコンテナエンジンとオーケストレーションツールをサポート

  • Anthos オンプレミス( VMware )と Anthos は、ベアメタル 1.8 、 1.9 、 1.10 上に実装されています

  • Kubernetes 1.18 以降(最新: 1.23 )

  • Mirantis Kubernetes Engine 3.4

  • OpenShift 4.7 、 4.8 、 4.9 、 4.10

Trident オペレータは、次のリリースでサポートされています。

  • Anthos オンプレミス( VMware )と Anthos は、ベアメタル 1.8 、 1.9 、 1.10 上に実装されています

  • Kubernetes 1.18 以降(最新: 1.23 )

  • OpenShift 4.7 、 4.8 、 4.9 、 4.10

注記 Red Hat OpenShift Container Platform のユーザは、 4.1.8 よりも前のバージョンを使用している場合、 initiatorname.iscsi ファイルが空白になる可能性があります。これは RedHat によって識別されているバグで、 OpenShift 4.1.8 で修正されています。を参照してください "バグ修正のお知らせ"。ネットアップでは、 OpenShift 4.6.8 以降で Astra Trident を使用することを推奨しています。

Astra Trident は、 Google Kubernetes Engine ( GKE )、 Amazon Elastic Kubernetes Services ( EKS )、 Azure Kubernetes Service ( AKS )、 Rancher 、 VMware Tanzu Portfolio など、フルマネージドで自己管理型の Kubernetes サービスが数多く提供されています。

サポートされるバックエンド(ストレージ)

Astra Trident を使用するには、次のバックエンドを 1 つ以上サポートする必要があります。

  • NetApp ONTAP 対応の Amazon FSX

  • Azure NetApp Files の特長

  • Astra データストア

  • Cloud Volumes ONTAP

  • Cloud Volumes Service for GCP

  • FAS/AFF / Select 9.3 以降

  • ネットアップオール SAN アレイ( ASA )

  • NetApp HCI / Element ソフトウェア 11 以降

機能の要件

次の表は、このリリースの Astra Trident で利用できる機能と、サポートする Kubernetes のバージョンをまとめたものです。

フィーチャー( Feature ) Kubernetes のバージョン フィーチャーゲートが必要ですか?

CSI Trident

1.17 以降

いいえ

ボリューム Snapshot

1.17 以降

いいえ

ボリューム Snapshot からの PVC

1.17 以降

いいえ

iSCSI PV のサイズ変更

1.17 以降

いいえ

ONTAP 双方向 CHAP

1.17 以降

いいえ

動的エクスポートポリシー

1.17 以降

いいえ

Trident のオペレータ

1.17 以降

いいえ

自動ワーカーノード準備(ベータ版)

1.17 以降

いいえ

CSI トポロジ

1.17 以降

いいえ

テスト済みのホストオペレーティングシステム

デフォルトでは、 Astra Trident はコンテナで実行されるため、任意の Linux ワーカーで実行されます。ただし、その場合、使用するバックエンドに応じて、標準の NFS クライアントまたは iSCSI イニシエータを使用して Astra Trident が提供するボリュームをマウントできる必要があります。

Astra Trident は、特定のオペレーティングシステムを正式にサポートしているわけではありませんが、次の Linux ディストリビューションが動作することはわかっています。

  • OpenShift Container Platform でサポートされている Red Hat CoreOS ( RHCOS )バージョン

  • RHEL または CentOS 7.4 以降

  • Ubuntu 18.04 以降

tridentctl ユーティリティーは ' これらの Linux ディストリビューションでも動作します

ホストの設定

使用しているバックエンドによっては、 NFS や iSCSI のユーティリティをクラスタ内のすべてのワーカーにインストールする必要があります。を参照してください "こちらをご覧ください" を参照してください。

ストレージシステムの構成:

Trident を使用するには、バックエンド構成でストレージシステムを使用する前に、一部の変更が必要になることがあります。を参照してください "こちらをご覧ください" を参照してください。

コンテナイメージと対応する Kubernetes バージョン

エアギャップのある環境では、 Astra Trident のインストールに必要なコンテナイメージを次の表に示します。tridentctl images コマンドを使用して ' 必要なコンテナイメージのリストを確認します

Kubernetes のバージョン コンテナイメージ

v1.17.0

  • NetApp / Trident : 22.04.0

  • NetApp / Trident -autosupport : 22.04

  • k81.gcr.io/sig-storage/csi-Provisioner : v2.2.2

  • k83.GCR.IO/sig-storage/csi-attacher: v3.4.0

  • k81.gcr.io/sig-storage/csi-resizer : v1.4.0

  • k83.gcr.io/sig-storage/csi-snapshotter : v3.0.3

  • k8s .GCR.IO/sig-storage/csi-node-driver-registrar: v2.5.0.

  • NetApp/trident-operator : 22.04.0 (オプション)

v1.18.0

  • NetApp / Trident : 22.04.0

  • NetApp / Trident -autosupport : 22.04

  • k81.gcr.io/sig-storage/csi-Provisioner : v2.2.2

  • k83.GCR.IO/sig-storage/csi-attacher: v3.4.0

  • k81.gcr.io/sig-storage/csi-resizer : v1.4.0

  • k83.gcr.io/sig-storage/csi-snapshotter : v3.0.3

  • k8s .GCR.IO/sig-storage/csi-node-driver-registrar: v2.5.0.

  • NetApp/trident-operator : 22.04.0 (オプション)

v1.19.0

  • NetApp / Trident : 22.04.0

  • NetApp / Trident -autosupport : 22.04

  • k81.gcr.io/sig-storage/csi-Provisioner : v2.2.2

  • k83.GCR.IO/sig-storage/csi-attacher: v3.4.0

  • k81.gcr.io/sig-storage/csi-resizer : v1.4.0

  • k83.gcr.io/sig-storage/csi-snapshotter : v3.0.3

  • k8s .GCR.IO/sig-storage/csi-node-driver-registrar: v2.5.0.

  • NetApp/trident-operator : 22.04.0 (オプション)

v1.20.0

  • NetApp / Trident : 22.04.0

  • NetApp / Trident -autosupport : 22.04

  • k81.gcr.io/sig-storage/csi-Provisioner : v2.2.2

  • k83.GCR.IO/sig-storage/csi-attacher: v3.4.0

  • k81.gcr.io/sig-storage/csi-resizer : v1.4.0

  • k83.gcr.io/sig-storage/csi-snapshotter : v3.0.3

  • k8s .GCR.IO/sig-storage/csi-node-driver-registrar: v2.5.0.

  • NetApp/trident-operator : 22.04.0 (オプション)

v1.21.0

  • NetApp / Trident : 22.04.0

  • NetApp / Trident -autosupport : 22.04

  • k81.gcr.io/sig-storage/csi-Provisioner : v2.2.2

  • k83.GCR.IO/sig-storage/csi-attacher: v3.4.0

  • k81.gcr.io/sig-storage/csi-resizer : v1.4.0

  • k83.gcr.io/sig-storage/csi-snapshotter : v3.0.3

  • k8s .GCR.IO/sig-storage/csi-node-driver-registrar: v2.5.0.

  • NetApp/trident-operator : 22.04.0 (オプション)

v1.22.0

  • NetApp / Trident : 22.04.0

  • NetApp / Trident -autosupport : 22.04

  • k81.gcr.io/sig-storage/csi-Provisioner : v2.2.2

  • k83.GCR.IO/sig-storage/csi-attacher: v3.4.0

  • k81.gcr.io/sig-storage/csi-resizer : v1.4.0

  • k83.gcr.io/sig-storage/csi-snapshotter : v3.0.3

  • k8s .GCR.IO/sig-storage/csi-node-driver-registrar: v2.5.0.

  • NetApp/trident-operator : 22.04.0 (オプション)

v1.3.0

  • NetApp / Trident : 22.04.0

  • NetApp / Trident -autosupport : 22.04

  • k81.gcr.io/sig-storage/csi-Provisioner : v2.2.2

  • k83.GCR.IO/sig-storage/csi-attacher: v3.4.0

  • k81.gcr.io/sig-storage/csi-resizer : v1.4.0

  • k83.gcr.io/sig-storage/csi-snapshotter : v3.0.3

  • k8s .GCR.IO/sig-storage/csi-node-driver-registrar: v2.5.0.

  • NetApp/trident-operator : 22.04.0 (オプション)

注記 Kubernetes バージョン 1.20 以降では、検証済みの「 k8es.cr.io/sig-storage/csi-snapshotter : v4.x 」イメージを使用します。これは、「 v1' バージョンが「 volumesnapshotes.snapshot.storage.k88.io`CRD 」に対応している場合にのみ使用します。v1beta` のバージョンが v1beta` のバージョンの有無に関わらず CRD にサービスを提供している場合は、検証済みの「 k83.gcr.io/sig-storage/csi-snapshotter: v3.x' 」イメージを使用します。