日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

<code>tridentctl</code> で展開します

寄稿者

tridentctl を使用して Astra Trident を導入できます。

ヒント をまだ理解していない場合は、を参照してください "基本概念"今こそ、そのための絶好の機会です。
ヒント 展開をカスタマイズするには、を参照してください "こちらをご覧ください"

Astra Trident を導入するには、次の前提条件を満たしている必要があります。

  • サポート対象の Kubernetes クラスタに対するすべての権限が必要です。

  • サポートされているネットアップストレージシステムを利用できるようにしておきます。

  • すべての Kubernetes ワーカーノードからボリュームをマウントできます。

  • 使用する Kubernetes クラスタを管理するために 'kubectl( OpenShift を使用している場合は 'OC) をインストールして構成した Linux ホストがあります

  • 「 KUBECONFIG 」環境変数を、 Kubernetes クラスタ構成を指すように設定しておきます。

  • を有効にしておきます "Astra Trident に必要な機能ゲート"

  • Kubernetes と Docker Enterprise を併用する場合は、 "CLI へのアクセスを有効にする手順は、ユーザが行ってください"

それはすべてですか?最高!それでは始めましょう。

ヒント 導入環境のカスタマイズについては、を参照してください "こちらをご覧ください"

ステップ 1 : Kubernetes クラスタを確認する

まず、 Linux ホストにログインして、 _working _ 、 "サポートされる Kubernetes クラスタ" に必要な権限があることを確認します。

注記 OpenShift では、以降のすべての例で「 kubectl 」の代わりに「 OC 」を使用します。まず、「 OC login-u SYSTEM : admin 」または「 OC login-u kube-admin 」を実行して、「 admin 」としてログインする必要があります。

Kubernetes のバージョンを確認するには、次のコマンドを実行します。

kubectl version

Kubernetes クラスタ管理者の権限があるかどうかを確認するには、次のコマンドを実行します。

kubectl auth can-i '*' '*' --all-namespaces

Docker Hub のイメージを使用してポッドを起動し、ポッドネットワーク経由でストレージシステムにアクセスできるかどうかを確認するには、次のコマンドを実行します。

kubectl run -i --tty ping --image=busybox --restart=Never --rm -- \
  ping <management IP>

Kubernetes サーバのバージョンを確認します。このポートは、 Astra Trident のインストール時に使用します。

手順 2 :インストーラをダウンロードして展開します

注記 Trident インストーラは Trident ポッドを作成し、そのステートを維持するために使用される CRD オブジェクトを構成し、プロビジョニングやクラスタホストへのボリュームの接続などのアクションを実行する CSI サイドカーを初期化します。

の最新バージョンをダウンロードできます "Trident インストーラバンドル" _Downloads_section から ' 抽出します

たとえば、最新バージョンが 21.07.1 の場合は、次のようになります。

wget https://github.com/NetApp/trident/releases/download/v21.07.1/trident-installer-21.07.1.tar.gz
tar -xf trident-installer-21.07.1.tar.gz
cd trident-installer

手順 3 : Astra Trident をインストールする

tridentctl install コマンドを実行して 'Astra Trident を目的の名前空間にインストールします

$ ./tridentctl install -n trident
....
INFO Starting Trident installation.                namespace=trident
INFO Created service account.
INFO Created cluster role.
INFO Created cluster role binding.
INFO Added finalizers to custom resource definitions.
INFO Created Trident service.
INFO Created Trident secret.
INFO Created Trident deployment.
INFO Created Trident daemonset.
INFO Waiting for Trident pod to start.
INFO Trident pod started.                          namespace=trident pod=trident-csi-679648bd45-cv2mx
INFO Waiting for Trident REST interface.
INFO Trident REST interface is up.                 version=21.07.1
INFO Trident installation succeeded.
....

インストーラが完了すると、次のように表示されます。Kubernetes クラスタ内のノードの数によっては、ポッドをさらに確認することもできます。

$ kubectl get pod -n trident
NAME                           READY   STATUS    RESTARTS   AGE
trident-csi-679648bd45-cv2mx   4/4     Running   0          5m29s
trident-csi-vgc8n              2/2     Running   0          5m29s

$ ./tridentctl -n trident version
+----------------+----------------+
| SERVER VERSION | CLIENT VERSION |
+----------------+----------------+
| 21.07.1        | 21.07.1        |
+----------------+----------------+

上記の例のような出力が表示された場合、この手順は完了していますが、 Astra Trident の設定はまだ完了していません。次の手順に進みます。を参照してください "導入後のタスク"

ただし、インストーラが正常に完了しなかった場合、または * running * trident-csi-< generated id> が表示されない場合は、プラットフォームがインストールされていません。

ヒント 導入時の問題のトラブルシューティングについては、を参照してください "トラブルシューティング" セクション。