日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ワーカーノードを準備します

寄稿者

Kubernetes クラスタ内のすべてのワーカーノードが、ポッド用にプロビジョニングしたボリュームをマウントできる必要があります。いずれかのバックエンドに「 ONTAP-NAS' 」、「 ONTAP-NAS-Bエコノミー 」、または「 ONTAP-NAS-flexgroup 」ドライバを使用している場合は、ワーカーノードに NFS ツールが必要です。それ以外の場合は iSCSI ツールが必要です。

最新バージョンの RedHat CoreOS には、デフォルトで NFS と iSCSI の両方がインストールされています。

警告 NFS ツールまたは iSCSI ツールをインストールしたあとは、必ずワーカーノードをリブートしてください。リブートしないと、ボリュームをコンテナに接続できないことがあります。

ノードサービスの検出

22.07以降、Astra Tridentは、ノードでiSCSIサービスまたはNFSサービスを実行できるかどうかを自動的に検出しようとします。Astra Tridentが、検出されたサービスを特定するためのイベントをノードに対して作成次のイベントを確認するには、コマンドを使用します。

kubectl get event -A --field-selector involvedObject.name=<Kubernetes node name>

Tridentは、TridentノードCRの各ノードで有効になっているサービスも特定します。検出されたサービスを表示するには、次のコマンドを使用します。

tridentctl get node -o wide -n <Trident namespace>
注記 ノードサービス検出で検出されたサービスが特定されますが、サービスが適切に設定されていることは保証されませ逆に、検出されたサービスがない場合も、ボリュームのマウントが失敗する保証はありません。

NFS ボリューム

プロトコル オペレーティングシステム コマンド

NFS

RHEL / CentOS 7.

'sudo yum install -y nfs-utils'

NFS

Ubuntu

'UDO apt-get install-y nfs-common

注記 ブート時に NFS サービスが開始されていることを確認してください。

iSCSI ボリューム

iSCSI ボリュームを使用するときは、次の点に注意してください。

  • Kubernetes クラスタ内の各ノードには一意の IQN を割り当てる必要があります。* これは必須の前提条件です * 。

  • RHCOSバージョン4.5以降、またはRHELと互換性のあるその他のLinuxディストリビューションを「solidfire-san-」ドライバとともに使用している場合は、/etc/iscsi/iscsid.confでCHAP認証アルゴリズムがMD5に設定されていることを確認してください。

    sudo sed -i 's/^\(node.session.auth.chap_algs\).*/\1 = MD5/' /etc/iscsi/iscsid.conf
  • iSCSI PVS を搭載した RHEL/RedHat CoreOS を実行するワーカーノードを使用する場合は、インラインスペース再生を実行するために、 StorageClass で「 discard 」 mountOption を指定してください。を参照してください "RedHat のマニュアル"

プロトコル オペレーティングシステム コマンド

iSCSI

RHEL/CentOS

  1. 次のシステムパッケージをインストールします。

    'sudo yum install -y lsscsi iscsi-initiator-utils SG3_utils device-mapper-multipath`

  2. iscsi-initiator-utils のバージョンが 6.2.0.874-2.el7 以降であることを確認します。

    「 rpm -q iscsi-initiator-utils 」のように入力します

  3. スキャンを手動に設定:

    'sudo sed-i'/ ^ \ ( node.session.scan\).*/\1 = manual/ '/etc/iscsi/iscsid.conf

  4. マルチパスを有効化:

    'UDO mpathconf—​enable --with _multipathd y — find _multipaths n

    注記 「 /etc/multipath.conf 」に「 find _ multipaths no 」が「 defVaults 」に含まれていることを確認します。
  5. 「 iscsid 」と「 multipathd 」が実行されていることを確認します。

    'sudo systemctl enable — 現在 iscsid multipathd

  6. 'iSCSI' を有効にして開始します

    'sudo systemctl enable — 現在の iSCSI

iSCSI

Ubuntu

  1. 次のシステムパッケージをインストールします。

    'UDO apt-get install-y open-iscsi lsscsi SG3-utils multipath-tools scsitools'

  2. open-iscsi バージョンが 2.0.874-5ubuntu2.10 以降( bionic の場合)または 2.0.874-7.1ubuntu6.1 以降( Focal の場合)であることを確認します。

    d pkg -l open-iscsi

  3. スキャンを手動に設定:

    'sudo sed-i'/ ^ \ ( node.session.scan\).*/\1 = manual/ '/etc/iscsi/iscsid.conf

  4. マルチパスを有効化:

    'sudo tee//etc/multipath.conf ←' EOF ' defaults { user_friendy_names yes find _multipaths no } EOF sudo systemctl enable — 今では multipath-tools.service sudo service multipath-tools restart'

    注記 「 /etc/multipath.conf 」に「 find _ multipaths no 」が「 defVaults 」に含まれていることを確認します。
  5. 「 open-iSCSI」 および「マルチパスツール」が有効で実行されていることを確認します。

    'sudo systemctl status multipath-tools sudo systemctl enable — 現在の open-iscsi.service 'udo systemctl status open-iscsi'

注記 Ubuntu 18.04 では 'iSCSI デーモンを起動するために 'open-iscsi' を起動する前に 'iscsiadm を持つターゲット・ポートを検出する必要がありますまたは 'iscsid' サービスを 'iscsid' を自動的に開始するように変更することもできます