日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Azure NetApp Files バックエンドを設定する準備をします

寄稿者

ANFバックエンドを設定する前に、次の要件を満たしていることを確認する必要があります。

Azure NetApp Files を初めて使用する場合や新しい場所で使用する場合は、いくつかの初期設定が必要です。

要件

を設定して使用します "Azure NetApp Files の特長" バックエンドには次のものが必要です。

  • Azure NetApp Files が有効な Azure サブスクリプションのスクリプト ID 。

  • tenantIDclientID`および `clientSecret から "アプリケーション登録" Azure Active Directory で、 Azure NetApp Files サービスに対する十分な権限がある。アプリケーション登録では、次のいずれかを使用します。

    • オーナーまたは寄与者のロール "Azureで事前定義"

    • A "カスタム投稿者ロール" をサブスクリプションレベルで選択します (assignableScopes)以下のアクセス許可は、Astra Tridentが必要とするものに限定されます。カスタムロールを作成したあと、 "Azureポータルを使用してロールを割り当てます"

      {
          "id": "/subscriptions/<subscription-id>/providers/Microsoft.Authorization/roleDefinitions/<role-definition-id>",
          "properties": {
              "roleName": "custom-role-with-limited-perms",
              "description": "custom role providing limited permissions",
              "assignableScopes": [
                  "/subscriptions/<subscription-id>"
              ],
              "permissions": [
                  {
                      "actions": [
                          "Microsoft.NetApp/netAppAccounts/capacityPools/read",
                          "Microsoft.NetApp/netAppAccounts/capacityPools/write",
                          "Microsoft.NetApp/netAppAccounts/capacityPools/volumes/read",
                          "Microsoft.NetApp/netAppAccounts/capacityPools/volumes/write",
                          "Microsoft.NetApp/netAppAccounts/capacityPools/volumes/delete",
                          "Microsoft.NetApp/netAppAccounts/capacityPools/volumes/snapshots/read",
                          "Microsoft.NetApp/netAppAccounts/capacityPools/volumes/snapshots/write",
                          "Microsoft.NetApp/netAppAccounts/capacityPools/volumes/snapshots/delete",
                          "Microsoft.NetApp/netAppAccounts/capacityPools/volumes/subvolumes/read",
                          "Microsoft.NetApp/netAppAccounts/capacityPools/volumes/subvolumes/write",
                          "Microsoft.NetApp/netAppAccounts/capacityPools/volumes/subvolumes/delete",
                          "Microsoft.NetApp/netAppAccounts/capacityPools/volumes/subvolumes/GetMetadata/action",
                          "Microsoft.NetApp/netAppAccounts/capacityPools/volumes/MountTargets/read",
                          "Microsoft.Network/virtualNetworks/read",
                          "Microsoft.Network/virtualNetworks/subnets/read",
                          "Microsoft.Features/featureProviders/subscriptionFeatureRegistrations/read",
                          "Microsoft.Features/featureProviders/subscriptionFeatureRegistrations/write",
                          "Microsoft.Features/featureProviders/subscriptionFeatureRegistrations/delete",
                          "Microsoft.Features/features/read",
                          "Microsoft.Features/operations/read",
                          "Microsoft.Features/providers/features/read",
                          "Microsoft.Features/providers/features/register/action",
                          "Microsoft.Features/providers/features/unregister/action",
                          "Microsoft.Features/subscriptionFeatureRegistrations/read"
                      ],
                      "notActions": [],
                      "dataActions": [],
                      "notDataActions": []
                  }
              ]
          }
      }
  • Azureがサポートされます location を1つ以上含むデータセンターを展開します "委任されたサブネット"。Trident 22.01の時点では location パラメータは、バックエンド構成ファイルの最上位にある必須フィールドです。仮想プールで指定された場所の値は無視されます。

SMBボリュームに関するその他の要件

  • Linuxコントローラノードと少なくとも1つのWindowsワーカーノードでWindows Server 2019を実行しているKubernetesクラスタ。Astra Tridentは、Windowsノードで実行されているポッドにマウントされたSMBボリュームのみをサポート

  • Active Directoryのクレデンシャルを含むTridentシークレットが少なくとも1つあり、ANFがActive Directoryに認証できるようになっている。シークレットを生成します smbcreds

    kubectl create secret generic smbcreds --from-literal username=user --from-literal password='pw'
  • Windowsサービスとして設定されたCSIプロキシ。を設定します `csi-proxy`を参照してください "GitHub: CSIプロキシ" または "GitHub: Windows向けCSIプロキシ" Windowsで実行されているKubernetesノードの場合。