Skip to main content
日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Tridentオペレータのインストールをアップグレード

共同作成者

Astra Tridentは、Tridentオペレータを使用して手動またはHelmを使用してアップグレードできます。Tridentオペレータのインストール環境から別のTridentオペレータのインストール環境へのアップグレード、または tridentctl Tridentオペレータバージョンへのインストールレビュー "アップグレード方法を選択します" Tridentオペレータのインストールをアップグレードする前に

手動インストールのアップグレード

クラスタを対象としたTridentオペレータインストールから、クラスタを対象とした別のTridentオペレータインストールにアップグレードできます。すべてのAstra Tridentバージョン21.01以降では、クラスタを対象とした演算子を使用します。

メモ ネームスペースを対象としたオペレータ(バージョン20.07~20.10)を使用してインストールされたAstra Tridentからアップグレードするには、次のアップグレード手順を使用してください: "インストールされているバージョン" 実績があります。
このタスクについて

Tridentにはバンドルファイルが用意されています。このファイルを使用して、オペレータをインストールしたり、Kubernetesバージョンに対応する関連オブジェクトを作成したりできます。

  • クラスタでKubernetes 1.24以前を実行している場合は、を使用します "Bundle_pre_1_25.yaml"

  • クラスタでKubernetes 1.25以降を実行している場合は、を使用します "bundle_post_1_25.yaml"

作業を開始する前に

を実行しているKubernetesクラスタを使用していることを確認します "サポートされるKubernetesバージョン"

手順
  1. Astra Tridentのバージョンを確認します。

    ./tridentctl -n trident version
  2. 現在の Astra Trident インスタンスのインストールに使用した Trident オペレータを削除たとえば、23.07からアップグレードする場合は、次のコマンドを実行します。

    kubectl delete -f 23.07.0/trident-installer/deploy/<bundle.yaml> -n trident
  3. を使用して初期インストールをカスタマイズした場合 TridentOrchestrator 属性を編集できます TridentOrchestrator インストールパラメータを変更するオブジェクト。これには、ミラーリングされたTridentおよびCSIイメージレジストリをオフラインモードに指定したり、デバッグログを有効にしたり、イメージプルシークレットを指定したりするための変更が含まれます。

  4. 環境に応じた適切なバンドルYAMLファイルを使用してAstra Tridentをインストールします(_YAML <bundle.yaml>_は
    bundle_pre_1_25.yaml または bundle_post_1_25.yaml 使用しているKubernetesのバージョンに基づきます。たとえば、Astra Trident 24.02をインストールする場合は、次のコマンドを実行します。

    kubectl create -f 24.02.0/trident-installer/deploy/<bundle.yaml> -n trident

Helmインストールのアップグレード

Astra Trident Helmのインストールをアップグレードできます。

警告 Astra TridentがインストールされているKubernetesクラスタを1.24から1.25以降にアップグレードする場合は、value.yamlを更新して設定する必要があります excludePodSecurityPolicy 終了: true または、を追加します --set excludePodSecurityPolicy=true に移動します helm upgrade コマンドを実行してからクラスタをアップグレードしてください。
手順
  1. あなたの場合 "Helmを使用したAstra Tridentのインストール"を使用できます。 helm upgrade trident netapp-trident/trident-operator --version 24.02.0 1つの手順でアップグレードできます。Helmリポジトリを追加しなかった場合、またはHelmリポジトリを使用してアップグレードできない場合は、次の手順を実行します。

    1. 次のサイトからAstra Tridentの最新リリースをダウンロードしてください: "GitHubの_Assets_sectionを参照してください"

    2. を使用します helm upgrade コマンドを入力します trident-operator-24.02.0.tgz アップグレード後のバージョンが反映されます。

      helm upgrade <name> trident-operator-24.02.0.tgz
      メモ 初期インストール時にカスタムオプションを設定した場合(TridentイメージとCSIイメージのプライベートなミラーレジストリの指定など)は、 helm upgrade コマンド --set これらのオプションがupgradeコマンドに含まれるようにするため、それらのオプションの値をdefaultにリセットします。
  2. を実行します helm list グラフとアプリのバージョンが両方ともアップグレードされていることを確認します。を実行します tridentctl logs デバッグメッセージを確認します。

からのアップグレード tridentctl Tridentオペレータへのインストール

からTridentの最新リリースにアップグレードできます tridentctl インストール:既存のバックエンドとPVCは自動的に使用可能になります。

メモ インストール方法を切り替える前に、 "インストール方法を切り替える"
手順
  1. 最新の Astra Trident リリースをダウンロード

    # Download the release required [24.020.0]
    mkdir 24.02.0
    cd 24.02.0
    wget https://github.com/NetApp/trident/releases/download/v24.02.0/trident-installer-24.02.0.tar.gz
    tar -xf trident-installer-24.02.0.tar.gz
    cd trident-installer
  2. マニフェストから「 tridentオーケストラ 」 CRD を作成します。

    kubectl create -f deploy/crds/trident.netapp.io_tridentorchestrators_crd_post1.16.yaml
  3. クラスタを対象としたオペレータを同じネームスペースに導入します。

    kubectl create -f deploy/<bundle-name.yaml>
    
    serviceaccount/trident-operator created
    clusterrole.rbac.authorization.k8s.io/trident-operator created
    clusterrolebinding.rbac.authorization.k8s.io/trident-operator created
    deployment.apps/trident-operator created
    podsecuritypolicy.policy/tridentoperatorpods created
    
    #Examine the pods in the Trident namespace
    NAME                                  READY   STATUS    RESTARTS   AGE
    trident-controller-79df798bdc-m79dc   6/6     Running   0          150d
    trident-node-linux-xrst8              2/2     Running   0          150d
    trident-operator-5574dbbc68-nthjv     1/1     Running   0          1m30s
  4. Astra Trident をインストールするための TridentOrchestrator CR を作成します。

    cat deploy/crds/tridentorchestrator_cr.yaml
    apiVersion: trident.netapp.io/v1
    kind: TridentOrchestrator
    metadata:
      name: trident
    spec:
      debug: true
      namespace: trident
    
    kubectl create -f deploy/crds/tridentorchestrator_cr.yaml
    
    #Examine the pods in the Trident namespace
    NAME                                READY   STATUS    RESTARTS   AGE
    trident-csi-79df798bdc-m79dc        6/6     Running   0          1m
    trident-csi-xrst8                   2/2     Running   0          1m
    trident-operator-5574dbbc68-nthjv   1/1     Running   0          5m41s
  5. Tridentが目的のバージョンにアップグレードされたことを確認

    kubectl describe torc trident | grep Message -A 3
    
    Message:                Trident installed
    Namespace:              trident
    Status:                 Installed
    Version:                v24.02.0