日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ボリュームのオフライン状態の問題を解決する

このワークフローでは、 Unified Manager のイベント管理インベントリページに表示されるボリュームオフラインイベントを評価して解決する方法の例を示します。このシナリオでは、管理者が Unified Manager を使用してボリュームオフラインイベントをトラブルシューティングします。

  • 必要なもの *

オペレータ、アプリケーション管理者、またはストレージ管理者のロールが必要です。

ボリュームがオフライン状態と報告された場合は、いくつかの理由が考えられ

  • SVM 管理者が意図的にボリュームをオフラインにした。

  • ボリュームをホストしているクラスタノードが停止し、その HA ペアパートナーへのストレージフェイルオーバーも失敗した。

  • ボリュームをホストしている SVM のルートボリュームをホストしているノードが停止したために、 SVM が停止した。

  • 2 つの RAID ディスクで同時に障害が発生したために、ボリュームをホストしているアグリゲートが停止した。

イベント管理インベントリページおよびクラスタ / 健全性、 Storage VM / 健全性、およびボリューム / 健全性の詳細ページを使用して、これらの可能性を確認したり、それらを除外したりできます。

手順
  1. 左側のナビゲーションペインで、 * イベント管理 * をクリックします。

  2. [ * イベント管理 * ] インベントリページで、 [ アクティブな可用性イベント * ] を選択します。

  3. 「ボリュームはオフライン」イベントのハイパーテキストリンクをクリックします。

    可用性インシデントのイベント詳細ページが表示されます。

  4. このページで、 SVM 管理者が対象のボリュームをオフラインにしたことを示すメモがないか確認します。

  5. イベント * の詳細ページで、次のタスクの 1 つ以上に関する情報を確認できます。

    • 原因(診断)フィールドに表示された情報を確認して、考えられる診断ガイダンスを確認します。

      この例では、原因フィールドの情報から、ボリュームがオフラインであることのみがわかります。

    • Notes and Updates 領域で、 SVM 管理者が該当のボリュームを意図的にオフラインにしたかどうかを確認します。

    • イベントのソースをクリックすると、オフラインとして報告されるボリュームをクリックすると、そのボリュームに関する詳細情報が表示されます。

    • イベントを管理者に割り当てます。

    • イベントに応答するか、必要に応じて解決済みとしてマークします。