日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Cloud Volumes ONTAP 9.10.0 の新機能

Cloud Volumes ONTAP 9.10.0 には、いくつかの新機能と機能拡張が含まれています。

その他の機能と機能拡張は、 Cloud Manager の最新バージョンで導入されました。を参照してください "Cloud Manager リリースノート" を参照してください。

9.10.0 GA ( 2021 年 10 月 4 日)

9.10.0 GA リリースは、 AWS 、 Azure 、 Google Cloud で利用できます。このリリースには、次の新機能と機能拡張が含まれています。

書き込みパフォーマンスの向上

高速の書き込み速度を有効にすると、 Cloud Volumes ONTAP の書き込みパフォーマンスが向上しました。

Azure における NVRAM ディスクサイズの増加

Azure の新しい Cloud Volumes ONTAP システムでは、 NVRAM ディスクサイズが 128GiB から 512GiB に拡張されました。

注記 シングルノードシステムを選択し、仮想マシンで Ultra SSD がサポートされている場合、システムは 512GiB Premium SSD ではなく 32GiB Ultra SSD を NVRAM に使用します。

必要な Cloud Manager Connector のバージョン

新しい Cloud Volumes ONTAP 9.10.0 システムを導入し、既存のシステムを 9.10.0 にアップグレードするには、 Cloud Manager Connector でバージョン 3.9.11 以降が実行されている必要があります。

アップグレードに関する注意事項

  • Cloud Volumes ONTAP のアップグレードが Cloud Manager から完了している必要があります。System Manager または CLI を使用して Cloud Volumes ONTAP をアップグレードしないでください。これを行うと、システムの安定性に影響を与える可能性

  • 9.9.1 リリースから Cloud Volumes ONTAP 9.10.0 にアップグレードできます。既存の Cloud Volumes ONTAP 9.9.1 システムを 9.10.0 リリースにアップグレードするよう求めるメッセージが Cloud Manager に表示されます。

  • シングルノードシステムのアップグレードでは、 I/O が中断されるまで最大 25 分間システムがオフラインになります。

  • HA ペアのアップグレードは無停止で、 I/O が中断されません。無停止アップグレードでは、各ノードが連携してアップグレードされ、クライアントへの I/O の提供が継続されます。

C4 、 M4 、および R4 インスタンスタイプ

9.8 リリース以降では、新しい Cloud Volumes ONTAP システムで C4 、 M4 、および R4 インスタンスタイプはサポートされません。C4 、 M4 、または R4 インスタンスタイプで実行されている既存の Cloud Volumes ONTAP システムがある場合も、このリリースにアップグレードできます。

C5 、 m5 、または r5 インスタンスファミリーのインスタンスタイプに変更することをお勧めします。

DS3_v2 の場合

9.9.1 リリース以降では、 DS3_v2 VM タイプは新規および既存の Cloud Volumes ONTAP システムでサポートされなくなりました。この VM タイプで既存のシステムを実行している場合は、 9.10.0 にアップグレードする前に VM タイプを変更する必要があります。