日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Cloud Volumes ONTAP 9.9.1 の新機能

寄稿者 netapp-bcammett このページの PDF をダウンロード

Cloud Volumes ONTAP 9.9.1 には、いくつかの新機能と機能拡張が含まれています。

その他の機能と機能拡張は、 Cloud Manager の最新バージョンで導入されました。を参照してください "Cloud Manager リリースノート" を参照してください。

9.9.1 GA ( 2021 年 7 月 21 日)

Cloud Volumes ONTAP 9.9.1 の General Availability ( GA )リリースがリリースされました。GA リリースにはバグの修正が含まれています。

Cloud Manager は、 9.9.1 Release Candidate 、 9.9.9..0 、または 9.8 を実行している既存のシステムのアップグレードを求めるプロンプトを表示します。

9.9.1 アップデート( 2021 年 7 月 7 日)

Cloud Manager 3.9.8 リリースでは、次の変更が加えられています。

  • Cloud Volumes ONTAP では、新しい充電方法を利用できます。

    • * 容量ベースの BYOL * :容量ベースのライセンスでは、 TiB あたりの Cloud Volumes ONTAP 料金を支払うことができます。ライセンスはネットアップアカウントに関連付けられており、ライセンスに十分な容量があるかぎり、複数の Cloud Volumes ONTAP システムを作成することができます。容量ベースのライセンスは、 Essentials_or_Professional のいずれかのパッケージ形式で提供されます。

    • * Freemium offering * : Freemium により、ネットアップのすべての Cloud Volumes ONTAP 機能を無償で使用できます(クラウドプロバイダの料金は引き続き適用されます)。システムあたりのプロビジョニング可能な容量は 500 GiB に制限されており、サポート契約はありません。最大 10 個の Freemium システムを使用できます。

  • AWS では、 Cloud Volumes ONTAP が m5dn.24xlarge インスタンスタイプをサポートするようになりました。料金には、 PAYGO Premium 、容量ベースのライセンス( BYOL )、ノードベースのライセンス( BYOL )があります。

  • Google Cloud では、 Cloud Volumes ONTAP が Balanced Persistent Disk ( pd-bBalanced )をサポートするようになりました。この SSD は、 GiB あたりの IOPS を下げて、パフォーマンスとコストのバランスを取ります。

  • Google Cloud の新しい Cloud Volumes ONTAP システムでは、 custom-4-16384 マシンタイプはサポートされなくなりました。

    このタイプのマシンで既存のシステムを実行している場合は、引き続き使用できますが、 n2 標準 -4 マシンタイプに切り替えることをお勧めします。

9.9.1 アップデート( 2021 年 6 月 3 日)

最近の Cloud Manager 3.9.7 リリースでは、新しいプロフェッショナルパッケージのサポートが導入されています。このパッケージを使用すると、 AWS Marketplace で年単位の契約を締結して Cloud Volumes ONTAP と Cloud Backup Service をバンドルできます。

9.9.1 Release Candidate ( 2021 年 5 月 24 日)

Cloud Volumes ONTAP 9.9.1 Release Candidate は、 AWS 、 Azure 、 Google Cloud Platform で提供されるようになりました。

で導入された機能に加えて "ONTAP 9.9.1"このリリースの Cloud Volumes ONTAP には、次の機能が含まれています。

Azure での ONTAP S3 のサポート

Azure の Cloud Volumes ONTAP から S3 オブジェクトストレージを提供できるようになりました。Cloud Volumes ONTAP for Microsoft Azure では、 NFS や SMB などの従来型のファイルベースプロトコルに加え、スケールアウトストレージのオプションとして S3 をサポートしています。

次の点に注意してください。

  • Cloud Volumes ONTAP S3 と ONTAP の主なユースケースは、汎用のオブジェクトストアです。

  • 現時点では、 AWS の Cloud Volumes ONTAP や Google Cloud では S3 プロトコルはサポートされていません。

  • Cloud Manager には、 ONTAP S3 機能に対する管理機能はありません。

CLI を使用することが、 Cloud Volumes ONTAP からの S3 クライアントアクセスを設定するためのベストプラクティスです。詳細については、を参照してください "S3 構成パワーガイド"

高速の書き込み速度で AWS のパフォーマンスが向上します

Cloud Volumes ONTAP のスループットパフォーマンスが向上しました いつ "高速の書き込み速度" サポートされているインスタンスタイプで有効になっている。

IO2 : AWS でブートディスクを使用します

AWS では、新しい Cloud Volumes ONTAP システムのブートディスクがプロビジョニングされた IOPS SSD ( IO2 )ボリュームになります。IO2 ボリュームは、以前はブートディスクに使用されていた io1 ボリュームよりも信頼性が高くなります。

必要な Cloud Manager Connector のバージョン

新しい Cloud Volumes ONTAP 9.9.1 システムを導入し、既存のシステムを 9.1.1 にアップグレードするには、 Cloud Manager Connector のバージョン 3.9.6 以降が実行されている必要があります。

アップグレードに関する注意事項

  • Cloud Volumes ONTAP のアップグレードが Cloud Manager から完了している必要があります。System Manager または CLI を使用して Cloud Volumes ONTAP をアップグレードしないでください。これを行うと、システムの安定性に影響を与える可能性

  • 9.9.0 リリースおよび 9.8 リリースから Cloud Volumes ONTAP 9.9.1 にアップグレードできます。Cloud Volumes ONTAP 9.9.0 および 9.8 システムから 9.9.1 リリースへのアップグレードを求めるプロンプトが Cloud Manager に表示されます。

  • シングルノードシステムのアップグレードでは、 I/O が中断されるまで最大 25 分間システムがオフラインになります。

  • HA ペアのアップグレードは無停止で、 I/O が中断されません。無停止アップグレードでは、各ノードが連携してアップグレードされ、クライアントへの I/O の提供が継続されます。

C4 、 M4 、および R4 インスタンスタイプ

9.8 リリース以降では、新しい Cloud Volumes ONTAP システムで C4 、 M4 、および R4 インスタンスタイプはサポートされません。C4 、 M4 、または R4 インスタンスタイプで実行されている既存の Cloud Volumes ONTAP システムがある場合も、このリリースにアップグレードできます。

C5 、 m5 、または r5 インスタンスファミリーのインスタンスタイプに変更することをお勧めします。