日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

NetApp Data ONTAP 7-Mode データコレクタ

寄稿者 dgracenetapp netapp-alavoie このページの PDF をダウンロード

Data ONTAP 7-Mode を使用するストレージシステムでは、 7-Mode のデータコレクタを使用します。このコレクタでは、 CLI を使用して容量とパフォーマンスのデータを取得します。

用語集

Cloud Insights では、 NetApp 7-Mode データコレクタから次のインベントリ情報を取得します。取得したアセットのタイプごとに、そのアセットに使用される最も一般的な用語が表示されます。このデータコレクタを表示またはトラブルシューティングするときは、次の用語に注意してください。

ベンダー / モデルの用語 Cloud Insights の用語

ディスク

ディスク

RAID グループ

ディスクグループ

ストレージシステム

ストレージ

ストレージシステム

ストレージノード

アグリゲート

ストレージプール

LUN

ボリューム

ボリューム

内部ボリューム

注:これらは一般的な用語の対応のみを示したものであり、このデータコレクタのすべてのケースを表しているわけではありません。

要件

このデータコレクタを設定して使用するには、次の情報が必要です。

  • FAS ストレージコントローラおよびパートナーの IP アドレス。

  • ポート 443

  • 7-Mode 用の次のロール権限を持つコントローラとパートナーコントローラのカスタムの管理者レベルのユーザ名とパスワードです。

    • 「 api- * 」:すべてのネットアップストレージ API コマンドの実行を OnCommand Insight に許可します。

    • 「 login-http-admin 」: HTTP 経由で OnCommand Insight がネットアップストレージに接続できるようにします。

    • 「 security-api-vfiler 」: vFiler ユニットの情報を取得する NetApp ストレージ API コマンドの実行を OnCommand Insight に許可します。

    • 「 cli-options 」:ストレージシステムオプションを読み取るために使用します。

    • 「 cli-lun 」: LUN 管理用コマンドにアクセスします。指定した LUN または LUN のクラスのステータス( LUN のパス、サイズ、オンライン / オフライン状態、共有状態)が表示されます。

    • 「 cli-df 」:空きディスクスペースを表示する場合に使用します。

    • 「 cli-ifconfig 」:インターフェイスと IP アドレスを表示します。

設定

フィールド 説明

ストレージシステムのアドレス

ネットアップストレージシステムの IP アドレスまたは完全修飾ドメイン名

ユーザ名

ネットアップストレージシステムのユーザ名

パスワード

ネットアップストレージシステムのパスワード

クラスタの HA パートナーのアドレス

HA パートナーの IP アドレスまたは完全修飾ドメイン名

クラスタの HA パートナーのユーザ名

HA パートナーのユーザ名

クラスタ内の HA パートナーファイラーのパスワード

HA パートナーのパスワード

高度な設定

フィールド 説明

インベントリポーリング間隔(分)

インベントリのポーリング間隔。デフォルトは 20 分です。

接続タイプ

HTTPS または HTTP では、デフォルトのポートも表示されます

接続ポートを上書きします

空白の場合は、 [Connection Type] フィールドでデフォルトのポートを使用します。それ以外の場合は、使用する接続ポートを入力します

パフォーマンスポーリング間隔(秒)

パフォーマンスのポーリング間隔デフォルトは 300 秒です。

ストレージシステム接続

このデータコレクタにデフォルトの管理ユーザを使用する代わりに、 NetApp ストレージシステムに対する管理者権限を持つユーザを設定して、このデータコレクタがネットアップストレージシステムからデータを取得できるようにすることができます。

ネットアップストレージシステムに接続するには、メインの pfiler (ストレージシステムが存在する pfiler )の取得時に次の条件を満たすユーザを指定する必要があります。

  • ユーザは vfiler0 (ルートファイラー / pfiler )に属している必要があります。

    メインの pfiler を取得するときにストレージシステムが取得されます。

  • 次のコマンドで、ユーザロールの機能を定義します。

    • 「 api- * 」:すべてのネットアップストレージ API コマンドの実行を Cloud Insights に許可します。

      このコマンドは、 ZAPI を使用する場合は必須です。

    • 「 login-http-admin 」: HTTP 経由で Cloud Insights がネットアップストレージに接続できるようにします。このコマンドは、 ZAPI を使用する場合は必須です。

    • 「 security-api-vfiler 」: vFiler ユニットの情報を取得する NetApp ストレージ API コマンドの実行を Cloud Insights に許可します。

    • 「 cli-options 」:「 options 」コマンドで、パートナーの IP と有効なライセンスを取得するために使用されます。

    • 「 cli-lun 」: LUN 管理用コマンドにアクセスします。指定した LUN または LUN のクラスのステータス( LUN のパス、サイズ、オンライン / オフライン状態、共有状態)が表示されます。

    • 「 cli-df 」:「 df -s 」、「 df -r 」、「 df -A -r 」コマンドで、空きスペースを表示するために使用されます。

    • 「 cli-ifconfig 」:「 ifconfig -a 」コマンドで、ファイラーの IP アドレスを取得するために使用されます。

    • 「 cli-rdfile 」:「 rdfile /etc/netgroup 」コマンドで、ネットグループを取得するために使用されます。

    • 「 cli-date 」:「 date 」コマンドで、 Snapshot コピーを取得する完全な日付を取得するために使用されます。

    • 「 cli-snap 」:「 snap list 」コマンドで、 Snapshot コピーを取得するために使用されます。

cli-date または cli-snap の権限が付与されていない場合、データ収集は完了できますが、 Snapshot コピーは報告されません。

7-Mode データソースを正常に取得し、ストレージシステムで警告が生成されないようにするには、次のいずれかのコマンド文字列を使用してユーザロールを定義する必要があります。2 つ目の文字列は、 1 つ目の文字列を簡潔に表したものです。

  • login-http-admin 、 api-* 、 security-api-vFile 、 cli-rdfile 、 cli-options 、 cli-df 、 cli-lun 、 cli-ifconfig 、 cli-date 、 cli-snap 、 _

  • login-http-admin 、 api- * 、 security-api-vFile 、 cli-

トラブルシューティング

このデータコレクタで問題が発生した場合の対処方法を次に示します。

在庫

問題 次の操作を実行します

401 HTTP 応答または 13003 ZAPI エラーコードを受信し、 ZAPI から「 Insufficient privileges 」または「 Not authorized for this command 」が返される

ユーザ名とパスワード、およびユーザの権限と権限を確認してください。

「コマンドの実行に失敗しました」エラー

ユーザがデバイスに対して次の権限を持っているかどうかを確認します。 • api- * • cli-date • cli-df • cli-証 • cli-lun • cli-operations • cli-rdfile • cli-snap • login-http-admin • security-api-vfiler Cloud Insights で ONTAP バージョンがサポートされているかどうかを確認し、使用されているクレデンシャルがデバイスクレデンシャルと一致するかどうかを確認します

クラスタバージョンが 8.1 より前である必要があります

クラスタでサポートされる最小バージョンは 8.1 です。サポートされる最小バージョンにアップグレードしてください。

ZAPI から「 cluster role is not cluster_mgmt LIF 」が返される

AU はクラスタ管理 IP と通信する必要があります。IP を確認し、必要に応じて別の IP に変更してください

エラー:「 7-Mode のストレージシステムはサポートされていません」

この問題は、このデータコレクタを使用して 7-Mode ファイラーを検出した場合に発生することがあります。代わりに、 IP を cdot ファイラーを指すように変更してください。

ZAPI コマンドの再試行後に失敗する

AU でクラスタとの通信に問題があります。ネットワーク、ポート番号、および IP アドレスを確認してください。また、 AU マシンのコマンドラインからもコマンドを実行しようとします。

AU が ZAPI に接続できませんでした

IP/ ポートの接続を確認し、 ZAPI の設定をアサートします。

AU が HTTP 経由で ZAPI に接続できませんでした

ZAPI ポートでプレーンテキストが受け入れるかどうかを確認します。AU が SSL ソケットにプレーンテキストを送信しようとすると、通信に失敗します。

SSLException で通信が失敗します

AU が Filer 上のプレーンテキストポートに SSL を送信しようとしています。ZAPI ポートで SSL を受け入れるか、別のポートを使用するかを確認します。

その他の接続エラー: ZAPI 応答にはエラーコード 13001 、「 database is not open 」 ZAPI エラーコード 60 があり、応答に「 API did not finished on time 」という応答が含まれています。 ZAPI エラーコード 14007 では「 initialize_session() returned NULL environment 」が返され、応答に「 Node is not healthy 」が含まれます。

ネットワーク、ポート番号、および IP アドレスを確認してください。また、 AU マシンのコマンドラインからもコマンドを実行しようとします。

ZAPI でソケットタイムアウトエラーが発生しました

ストレージシステムの接続を確認するか、タイムアウトを延長してください。

「 7-Mode データソースでは C モードクラスタはサポートされません」エラーが表示されます

IP をチェックし、 IP を 7-Mode クラスタに変更してください。

「 Failed to connect to vFiler 」というエラーが表示されます

取得したユーザの機能に、少なくとも次のものが含まれていることを確認します。 api- * security-api-vfiler login -http-admin Filer でバージョン 1.7 以上の ONTAPI が実行されていることを確認します。

追加情報はから入手できます "サポート" ページまたはを参照してください "Data Collector サポートマトリックス"