日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

非同期メソッド

寄稿者 netapp-mwallis

一部の API メソッドは非同期です。つまり、 API メソッドで実行される処理は、メソッドが戻るときにまだ完了していない可能性があります。非同期メソッドは、処理のステータスを照会して確認できるハンドルを返します。一部の処理のステータス情報には、進捗状況が含まれることがあります。

非同期処理を照会すると、次のいずれかの結果が返されます。

  • 「ドライブ追加」:システムがドライブをクラスタに追加しています。

  • 「 BulkVolume 」:システムは、バックアップやリストアなどのボリューム間でコピー操作を実行しています。

  • Clone :システムはボリュームを複製しています。

  • 「削除」 : クラスタからドライブを削除する準備として、ドライブからデータをコピーしています。

  • RtfiPendingNode: クラスタにノードを追加する前に、互換性のあるソフトウェアをノードにインストールしています。

非同期メソッドを使用したり実行中の非同期処理のステータスを取得したりするときは、次の点に注意してください。

  • 非同期メソッドについては、個々のメソッドの説明を参照してください。

  • 非同期メソッドは「 asyncHandle 」を返します。これは、 API メソッドを発行することで得られるハンドルです。このハンドルを使用して、非同期処理のステータスまたは結果をポーリングできます。

  • 個々の非同期メソッドの結果は、 GetAsyncResult メソッドを使用して取得できます。GetAsyncResult を使用して完了済みの処理を照会すると、結果が返されます。その結果はシステムから自動的に破棄されます。GetAsyncResult を使用して未完了の処理を照会すると、結果は返されますが破棄されません。

  • 実行中または完了済みの非同期メソッドすべてのステータスおよび結果を取得するには、 ListAsyncResults メソッドを使用します。この場合、完了済みの処理の結果は破棄されません。