日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SetConfig

寄稿者 netapp-mwallis amgrissino

「 Config 」メソッドを使用すると、ノードのネットワークおよびクラスタ情報を設定できます。このメソッドには、「 S etClusterConfig 」メソッドと「 S etNetworkConfig 」メソッドの両方を使用して使用できる単一の API メソッドと同じ設定が含まれます。このメソッドには、変更するフィールドだけを指定する必要があります。

注記 SolidFire エンタープライズ SDS は、この方法をサポートしていません。SolidFire ESDS システムでこのメソッドを使用すると、エラーが返されます。

パラメータ

注意

ノードのボンディングモードを変更すると、原因でネットワーク接続が一時的に失われる可能性があります。

このメソッドの入力パラメータは次のとおりです。

名前 説明 を入力します デフォルト値 必須

クラスタ

ストレージノードとノードに関連付けられたストレージクラスタの通信方法を示すクラスタ情報。

なし

いいえ

ネットワーク

ノードのネットワークインターフェイスごとのネットワーク接続タイプおよび現在の設定。

なし

いいえ

戻り値

このメソッドの戻り値は次のとおりです。

名前 説明 を入力します

構成

ノードの新規および既存の設定。このオブジェクトの内容は次のとおりです

  • クラスタ:ストレージノードとノードに関連付けられたストレージクラスタの通信方法を示すクラスタ情報。

  • network (すべてのインターフェイス):ノードのネットワークインターフェイスごとのネットワーク接続タイプおよび現在の設定。

JSON オブジェクト

要求例

このメソッドの要求例を次に示します。

{
	"method": "SetConfig",
	"params": {
		"cluster": {
			"name": "MyHostname"
		},
		"network": {
			"Bond10G": {
				"bond-mode": "ALB"
			}
		}
	}
}

応答例

このメソッドからの応答は GetConfig メソッドの戻り値と同じです。SetConfig を使用すると、オブジェクトのすべてのフィールドに更新後の値が表示されます。

新規導入バージョン

9.6

詳細については、こちらをご覧ください