日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ノード

寄稿者 netapp-amitha netapp-mwallis netapp-dbagwell amgrissino このページの PDF をダウンロード

ノードは、ブロックストレージとコンピューティング機能を提供するためにクラスタにグループ化されたハードウェアリソースまたは仮想リソースです。

NetApp HCI および Element ソフトウェアでは、クラスタのさまざまなノードロールが定義されています。ノードのロールには、 * 管理ノード * 、 * ストレージノード * 、 * コンピューティングノード * 、 * NetApp HCI 監視ノード * の 4 種類があります。

管理ノード

管理ノード( mNode とも呼ばれます)は、ストレージクラスタと通信して管理操作を実行しますが、ストレージクラスタのメンバーではありません。管理ノードは、 API 呼び出しを使用してクラスタに関する情報を定期的に収集し、この情報を Active IQ に報告してリモート監視(有効な場合)に利用します。管理ノードでは、クラスタノードのソフトウェアアップグレードの調整も担当します。

管理ノードは、 Element ソフトウェアベースの 1 つ以上のストレージクラスタと同時に実行される仮想マシンです。アップグレードに加え、監視と計測などのシステムサービスの提供、クラスタのアセットと設定の管理、システムテストとユーティリティの実行、ネットアップサポートによるトラブルシューティングアクセスの有効化にも使用されます。Element 11.3 リリース以降、管理ノードはマイクロサービスホストとして機能するようになりました。そのため、メジャーリリースを待つことなく、希望するソフトウェアサービスを更新できます。これらのマイクロサービスまたは管理サービス( Active IQ コレクタ、 vCenter Plug-in 用の QoSSIOC 、管理ノードサービスなど)は、サービスバンドルとして頻繁に更新されます。

ストレージノード

NetApp HCI ストレージノードは、 NetApp HCI システムのストレージリソースを提供するハードウェアです。ノード内のドライブには、データの格納用と管理用にブロックスペースとメタデータスペースが確保されます。各ノードには、 NetApp Element ソフトウェアの工場出荷時のイメージが含まれています。NetApp HCI ストレージノードは、 NetApp Element Management 拡張ポイントを使用して管理できます。

コンピューティングノード

NetApp HCI コンピューティングノードは、 NetApp HCI 環境での仮想化に必要な、 CPU 、メモリ、ネットワークなどのコンピューティングリソースを提供するハードウェアです。各サーバは VMware ESXi を実行するため、 vSphere のホストおよびクラスタメニューにあるプラグイン以外で NetApp HCI コンピューティングノードの管理(ホストの追加または削除)を行う必要があります。コンピューティングノードは、 4 ノードストレージクラスタと 2 ノードストレージクラスタのどちらであるかに関係なく、 NetApp HCI 環境では最低 2 つの数が維持されます。

監視ノード

NetApp HCI 監視ノードは、 Element ソフトウェアベースのストレージクラスタと並行してコンピューティングノードで実行される仮想マシンです。監視ノードでは、スライスサービスまたはブロックサービスがホストされません。監視ノードを使用すると、ストレージノードに障害が発生した場合のストレージクラスタの可用性を確保できます。監視ノードは、他のストレージノードと同じ方法で管理およびアップグレードできます。ストレージクラスタには、最大 4 つの監視ノードを含めることができます。主な目的は、有効なアンサンブルクォーラムを形成できるだけの十分な数のクラスタノードが存在することを確認することです。

ヒント の詳細を確認してください "監視ノードのリソース要件" および 。
注記 2 ノードストレージクラスタでは、監視ノードに障害が発生した場合の冗長性を確保するために、最低 2 つの監視ノードが導入されます。NetApp HCI のインストールプロセスで監視ノードがインストールされると、仮想マシンテンプレートが VMware vCenter に格納されます。これを使用して、誤って削除された場合、失われた場合、または破損した場合に監視ノードを再導入できます。また、監視ノードをホストしていた障害コンピューティングノードと交換する必要がある場合は、テンプレートを使用して監視ノードを再導入することもできます。手順については、 2 ノードおよび 3 ノードのストレージクラスタに対する監視ノードの再導入 * を参照してください "こちらをご覧ください"