日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

高度なデータ保護

寄稿者

Keystone STaaSサブスクリプションに含まれるAdvanced Data Protectionアドオンサービスに登録することができます。このアドオンサービスでは、NetApp MetroCluster テクノロジを活用して、RPO(目標復旧時点)ゼロのミッションクリティカルなワークロードに対して効率的なデータ保護を実現します。

注記 ファイルストレージとブロックストレージ向けのKeystone STaaS標準サービスは、SnapMirror、SnapVault 、Snapshotなどのネットアップテクノロジを活用して、デフォルトのデータ保護サービスを提供します。

Standardサービスとクラウドサービスについては、を参照してください "Keystone STaaSサービス"

サービスレベルの詳細については、を参照してください "Keystoneのサービスレベル"

Keystoneの高度なデータ保護サービスを使用すると、セカンダリサイトにデータを同期的にミラーリングできます。プライマリサイトで災害が発生した場合、セカンダリサイトがデータを失うことなくテイクオーバーできます。この機能では、2つのサイト間のMetroCluster 設定を利用してデータを保護します。高度なデータ保護アドオンサービスは、ファイルストレージサービスとブロックストレージサービスでのみ利用できます。ONTAP MetroCluster の詳細については、を参照してください "MetroCluster のドキュメント"

アドオン料金は、サブスクリプションに含まれるすべての容量(ソース、ミラーコピー、ミラーリングされていないデータ)に適用されます。

注記 注:
  • このサービスでは、関連付けられているストレージのコミット済み容量の100%がコミット済み容量として設定されます。

  • ソースとデスティネーションの両方のクラスタのストレージ料金が発生します。このアドオンサービスには、プライマリボリュームとセカンダリボリューム(ミラー)の両方の容量も追加料金されます。

  • 料金は、ファイルとブロックストレージにのみ適用されます。次のMetroCluster シナリオがサポートされています。

KeystoneでサポートされるMetroCluster 構成