日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Keystoneのサービス品質(QoS

寄稿者

ストレージQuality of Service(QoS;サービス品質)は、アプリケーションのパフォーマンスが安定し、予測可能な安定したものになるようにするための重要なテクノロジです。QoSが設定されていないと、複数のシステムのブートなど、特定のワークロードが一定期間リソース全体を消費し、他のワークロードに影響を与える可能性があります。QoSの詳細については、を参照してください "QoS の概要を使用してスループットを保証"

QoSを適用することで、アプリケーションのパフォーマンスが常に安定します。NetApp ONTAP では、QoSのパラメータを天井から "最大QoS"、スループットの下限- "最小QoS"。QoS Maxは、ワークロードが達成できるIOPSまたはMBps、IOPS、MBpsの最大数です。一方、最小QoSは、ワークロードのスループットが特定のIOPS / MBps、またはIOPS / MBps未満でないことを保証します。

アダプティブ QoS

アダプティブQoS(AQoS)は、QoSポリシーが自動的に適用されるため、KeystoneサービスでTB / GBあたりのIOPSが一定になるように設定されています。アダプティブQoSについては、を参照してください "アダプティブ QoS について"

Keystoneには、クラスタが本番環境になった時点で設定可能なアダプティブQoSポリシーが用意されています。システムですでに作成されて使用可能な正しいアダプティブQoSポリシーがすべてのボリュームに関連付けられていることを確認してください。

注記 ボリュームにアダプティブQoSポリシーが正しく適用されていない場合、適用したボリュームはサブスクリプションごとに最も高いサービスレベルで測定されて課金されます。これにより、意図しないバースト料金が発生する可能性があります。

アダプティブQoSポリシーグループの設定

アダプティブQoSポリシーは、スループットの上限や下限をボリュームサイズに自動的に調整するように設定できます。ポリシーを設定する場合は、次の点に注意してください。

  • * Policy group name *:アダプティブQoSポリシーグループの名前。例: Keystone_extreme

  • * vserver *:SVMまたはStorage VM(Storage Virtual Machine)の名前。

  • *想定IOPS *:パフォーマンスが保証されているかぎり、ONTAP が最小値として提供するTiBあたりのIOPS数。

  • *ピークIOPS *:パフォーマンスが制限される前にボリュームで使用可能な最大IOPS / TiB。

  • 想定IOPS割り当て:このフィールドは、ボリュームで使用可能な想定IOPSが、割り当てられたサイズと使用済みのサイズのどちらに基づいているかを制御します。Keystoneでは、割り当てられたスペースに基づいて判断します。

  • ピークIOPS割り当て:このフィールドは、ボリュームに使用可能なピークIOPSが、割り当てられたサイズと使用済みのサイズのどちらに基づいているかを制御します。Keystoneでは、使用済みスペースに基づいて判断します。

  • *絶対最小IOPS *:ボリュームサイズが非常に小さく、それ以外の場合に許容できない数のIOPSが発生する場合に、ボリュームに適用される想定IOPSの最小値。のデフォルト値は1、000です `Extreme`の場合は500 `Premium`その他のサービスレベルの場合は75。

    注記 これはIOPS密度ではなく(75IOPS/TBなど)、絶対最小IOPS数です。

I/O密度の詳細については、を参照してください "Keystoneサービスで使用される指標と定義"。AQoSポリシーグループの詳細については、を参照してください "アダプティブ QoS ポリシーグループを使用する"

アダプティブQoSポリシーの設定

以降のセクションでは、各サービスレベルのアダプティブQoSポリシーの設定について説明します。ここで指定するサービスレベルごとの最小ボリュームサイズと最大ボリュームサイズにより、ボリュームのIOPSとレイテンシの値を最適化できます。このガイドライン以外でボリュームを大量に作成すると、ボリュームのパフォーマンスが低下する可能性があります。

Extremeサービスレベルの設定

Extremeサービスレベルの設定とコマンド:

  • コマンド例:

qos adaptive-policy-group create -policy-group <Keystone_extreme> -vserver <SVM_name> -expected-iops 6144 -peak-iops 12288 -expected-iops-allocation allocated-space -peak-iops-allocation used-space -block-size Any -absolute-min-iops 1000
  • 最小ボリュームサイズ:100GiB、0.1TiB

  • 最大ボリュームサイズ:10TiB

Premiumサービスレベルの設定

Premiumサービスレベルの設定とコマンド:

  • コマンド例:

qos adaptive-policy-group create -policy-group <Keystone_premium> -vserver <SVM_name> -expected-iops 2048 -peak-iops 4096 -expected-iops-allocation allocated-space -peak-iops-allocation used-space -block-size Any -absolute-min-iops 500
  • 最小ボリュームサイズ:500GiB、0.5TiB

  • 最大ボリュームサイズ:50TiB

パフォーマンスサービスレベルの設定

パフォーマンスサービスレベルの設定とコマンド:

  • コマンド例:

qos adaptive-policy-group create -policy-group <Keystone_performance> -vserver <SVM_name> -expected-iops 1024 -peak-iops 2048 -expected-iops-allocation allocated-space -peak-iops-allocation used-space -block-size Any -absolute-min-iops 250
  • 最小ボリュームサイズ:500GiB、0.5TiB

  • 最大ボリュームサイズ:80TiB

Standardサービスレベルの設定

Standardサービスレベルの設定とコマンド:

  • コマンド例:

qos adaptive-policy-group create -policy-group <Keystone_standard> -vserver <SVM_name> -expected-iops 256 -peak-iops 512 -expected-iops-allocation allocated-space -peak-iops-allocation used-space -block-size Any -absolute-min-iops 77
  • 最小ボリュームサイズ:1TiB

  • 最大ボリュームサイズ:100TiB

値サービスレベルの設定

値サービスレベルの設定とコマンド:

  • コマンド例:

qos adaptive-policy-group create -policy-group <Keystone_value> -vserver <SVM_name> -expected-iops 64 -peak-iops 128 -expected-iops-allocation allocated-space -peak-iops-allocation used-space -block-size Any -absolute-min-iops 59
  • 最小ボリュームサイズ:1TiB

  • 最大ボリュームサイズ:100TiB

ブロックサイズの計算

以下の設定を使用してブロックサイズを計算する前に、以下の点に注意してください。

  • IOPS/TB = MBps / TiBをブロックサイズ* 1024で割った値

  • ブロックサイズはKB/IO形式です

  • TiB = 1024GiB、GiB = 1024MiB、MiB = 1024KiB、KiB = 1024Bytes、基本2あたり

  • TB = 1000GB、GB = 1000MB、MB = 1000KB、KB = 1000Bytes、1進数の10になります

ブロック・サイズの計算例

サービス・レベル(例:Extreme)のスループットを計算するには’次の手順を実行します

  • 最大IOPS:12、288

  • I/Oあたりのブロックサイズ:32KB

  • 最大スループット=(12288 * 32 * 1024)/(1024 * 1024)= 384MBps / TiB

ボリュームの論理使用データが700GiBの場合、使用可能なスループットは次のようになります。

最大スループット= 384 * 0.7 = 268.8MBps