日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Keystoneのサービスレベル

寄稿者

Keystone STaaSは、事前定義されたパフォーマンスサービスレベル(サービスレベル)で、サブスクリプションベースでデータストレージ容量を提供します。

サービスレベルは次の項目によって定義されます。

  • 平均レイテンシ

  • ボリュームごとの論理TiBあたりの最大IOPS

ボリュームにサービスレベルが関連付けられている必要があります。

サポートされるストレージのサービスレベル

ファイル、ブロック、オブジェクト、および クラウド サービス のサービスレベルを次に示します。

ファイルおよびブロックストレージ

  • サポートされているプロトコル * : NFS 、 CIFS 、 iSCSI 、 FC

* サービスレベル *

* エクストリーム *

* プレミアム *

* パフォーマンス *

* 標準 *

* 値 *

ワークロードタイプの例

分析、データベース、ミッションクリティカルなアプリケーション

VDI、VSI、ソフトウェア開発

OLTP、OLAP、コンテナ、ソフトウェア開発

ファイル共有、 Web サーバ

バックアップ

ボリュームあたりの最大IOPS /論理ティアBの格納数

12,288

4,096

2 、 048

512

128

ボリュームあたりの最大MBps /論理ティアB数

384

128

64

16

4.

* 遅延 *

1 ミリ秒未満

2 ミリ秒未満

4ミリ秒未満

17 ミリ秒未満

17 ミリ秒未満

注記

スループットパフォーマンス指標については、次の点に注意してください(ファイルのみに該当します)

  • ファイルとブロックのサービスレベルはONTAP 9.7以降に基づいています。

  • サービスレベルのIOPS / TiBとレイテンシは、ボリュームに格納されている論理データの量、ブロックサイズ32KB、ランダムな組み合わせで70%の読み取りと30%の書き込みIOに基づいています。

  • 実際のIOPS/TBとMBps / TiBは、ワークロードの同時実行パターンと使用パターンによって異なります。

  • レイテンシには、コントローラポートとの間のアプリケーション、ホスト、お客様のネットワークレイテンシには含まれません。-- QoSによって自動的に適用されるレイテンシ。これにより、I/Oがサービスレベルの最大値内に維持されます。

  • Advanced Data Protectionアドオンサービスを使用する場合、ターゲットレイテンシの環境 ではローカルのKeystone製品からのIO要求のみを処理します。

オブジェクトストレージ

  • サポートされるプロトコル * : S3

* サービスレベル *

オブジェクト

* ワークロードタイプ *

メディアリポジトリ、アーカイブ

ボリュームあたりの最大IOPS /論理TiB保存容量

該当なし

ボリュームあたりの最大MBps /論理TiBの格納

該当なし

平均レイテンシー

該当なし

注記 レイテンシには、FabricPool ストレージの場合、オブジェクトストアへのデータ転送に伴うオーバーヘッドは含まれません。

クラウドストレージ

サポートされるプロトコル:NFS、CIFS、iSCSI、S3(AWSおよびAzureのみ)

* サービスレベル *

Cloud Volumes ONTAP ®の略

* ワークロードタイプ *

ディザスタリカバリ、ソフトウェア開発/テスト、ビジネスアプリケーション

ボリュームあたりの最大IOPS /論理TiB保存容量

該当なし

ボリュームあたりの最大MBps /論理TiBの格納

該当なし

平均レイテンシー

該当なし

注記
  • コンピューティング、ストレージ、ネットワークなどのクラウドネイティブサービスは、クラウドプロバイダが請求します。

  • これらのサービスは、クラウドストレージとコンピューティングの特性に依存します。