日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

運用モデルと担当業務

寄稿者 netapp-manini ciarm netapp-reenu dmp-netapp このページの PDF をダウンロード

Flex サブスクリプションには、 3 つの運用モデルがあります。これらの FAQ は運用モデルに関連しています。

さまざまな運用モデルと、主な活動の責任者は誰ですか?

次の表は、ネットアップが運用する運用モデル、パートナーが運用する運用モデル、お客様が運用する運用モデルの 3 つの概要を示しています。各運用モデルについて、次の表にサービスライフサイクル全体での役割と責任を示します。

運用モデルと責任

ネットアップが運用するモデルとは何ですか?

この運用モデルでは、選択したパフォーマンス階層とストレージサービスタイプに応じて、提供されたサービスにお客様がサブスクライブし、追加料金でネットアップが運用するオプションを選択できます。ネットアップでは、アーキテクチャと製品を定義し、お客様のオンプレミスにインストールを行います。ネットアップは、ストレージと IT リソースを使用して、日常的なインフラ管理業務を管理します。使用可能なストレージサービスタイプは、ファイル、ブロック( iSCSI )、およびオブジェクトです。Cloud Volumes Service for GCP と AWS もサポートされています。

ネットアップは、パートナー様、テナントの作成と管理も行い、必要に応じてサブスクリプションを管理します。

パートナーが運用するモデルとは何ですか?

パートナー様またはサービスプロバイダ様の運用モデルはネットアップが運用するモデルと似ていますが、パートナー様がエンドユーザ様のサービスを運用している場合も同様です。このモデルでは、パートナーは参照される契約者です。テナントはサービスプロバイダのお客様であり、ネットアップとの請求関係はありません。お客様はテナンシーを管理します。テナントのサポート要求は、サービスプロバイダがネットアップにエスカレーションする前に最初に 3 回発行されます。

お客様が運用するモデルとは何ですか?

このオペレーティングモデルを使用すると、選択したパフォーマンス階層とストレージサービスタイプに応じて、提供されるサービスをお客様がサブスクライブできるようになります。ネットアップでは、お客様のオンプレミスでアーキテクチャと製品を定義し、お客様がストレージと IT リソースを使用してインフラを管理できるようにしています。使用可能なストレージサービスタイプは、ファイル、ブロック( iSCSI )、およびオブジェクトです。このモデルでは、お客様が契約当事者を参照しており、これはエンドユーザまたはパートナーである場合があります。

機器の所有者

3 つの運用モデルすべてで、ネットアップはお客様のオンプレミスにインストールされているすべてのハードウェアとソフトウェアのタイトルを所有します。