日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

データ保護

寄稿者

NetApp Keystone Flex サブスクリプション( Flex サブスクリプション)データ保護サービスは、データをバックアップし、必要に応じて回復できます。使用可能なデータ保護サービスは次のとおりです。

  • ディスクと共有のスナップショット

  • ディスクおよび共有のバックアップ(サブスクリプションの一部としてデータ保護サービスが必要)

  • ディスクおよび共有のディザスタリカバリ(サブスクリプションの一部としてデータ保護サービスが必要)

注記 バックアップサービスとディザスタリカバリサービスはアドオンサービスとして提供され、スナップショットは基本的なストレージサービスの一部として提供される。
単一リージョンのSnapshot(基本的なストレージサービスの一部として利用可能) マルチリージョンバックアップ(データ保護アドオン) 複数リージョンのディザスタリカバリ(データ保護アドオン)

ユースケース

インフラの損失や障害ではなく、ユーザやアプリケーションのデータ削除や破損のリスクを軽減

インフラの損失や障害によってプライマリボリュームのデータが完全に失われるリスクを軽減します

インフラの損失や障害が原因でプライマリボリュームのデータが完全に失われるリスクを、目標復旧時間とともに軽減します

ポリシー

毎時、毎日、毎週、毎月

毎時、日次、週次、および月単位のSnapshotに基づいて保持するバックアップの数

1 時間、 4 時間、毎日

トポロジ

ソースのみ

バックアップ

非同期レプリケーションターゲット

レプリケーションサービスレベルを指定してください。 ^1

該当なし

標準

プライマリと同じ

^1 追加のストレージ容量をサブスクライブする必要があります

注記 基本的な Flex Subscription サービスに加入しても、データは自動的にはバックアップされません。アドオンのデータ保護サービスに登録し、データバックアップサービスやディザスタリカバリサービス用にシステムを設定する必要があります。ご使用のストレージシステムが Flex サブスクリプションサービスで管理されていない場合でも、ネットアップはストレージシステム上のデータの保護と Flex サブスクリプションサービスへの接続をサポートします。ただし、ネットアップはバックアップの失敗に対して責任を負いません。