日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

運用モデル、役割、担当業務

寄稿者 netapp-manini ciarm dmp-netapp このページの PDF をダウンロード

NetApp Keystone Flex サブスクリプション( Flex サブスクリプション)は、テナンシーのモデルに基づいています。

Flex サブスクリプションには、サービス提供のための 3 つの運用モデルがあります。

  • * ネットアップが運用するモデル * では、お客様が(選択したパフォーマンス階層とストレージサービスタイプに応じて)提供するサービスにサブスクライブし、追加料金でネットアップが運用するオプションを選択できます。ネットアップでは、アーキテクチャと製品を定義し、お客様のオンプレミスにインストールして、ネットアップのストレージリソースと IT リソースを使用して日常的なインフラ管理業務を管理しています。使用可能なストレージサービスタイプは、 file 、 block 、 object です。Cloud Volumes Service for GCP および AWS に基づくストレージサブスクリプションは、 NetApp Keystone インスタンスからも管理できます。

  • * パートナー様が運用する * モデル * は、ネットアップが運用するモデルに似ていますが、パートナー様がエンドユーザ様のサービスを運用しています。このモデルでは、パートナーは参照される契約者です。テナントとは、パートナー様やサービスプロバイダ様のお客様であり、ネットアップとの請求関係はありません。通常、パートナー運用モデルにはマルチテナント環境があり、テナントやエンドユーザ / サブテナントには、サービスプロバイダ / パートナーが課金する独自のサブスクリプションがあります。パートナー管理者が、すべてのテナントに対して管理タスクを実行します。パートナー様が運用するモデルで管理者が実行できる機能は、ネットアップが運用するモデルの管理者とは異なります。

  • * お客様が運用する * * モデル * は、お客様が選択したパフォーマンス階層とストレージサービスタイプに応じて、提供サービスを利用できるようにします。ネットアップでは、お客様のオンプレミスでアーキテクチャと製品を定義し、お客様がストレージと IT リソースを使用してインフラを管理できるようにしています。お客様は、ネットアップまたはパートナー / サービスプロバイダに関連付けられ、その状況に応じて、ネットアップまたはサービスプロバイダにサービス要求を送信して対処できます。お客様の管理者は、お客様が運用する環境で管理タスクを実行できます。これらのタスクは、特定のお客様のテナントとサブテナントに関連付けられます。

このサービスの機能とオプションは、モデルによって異なります。詳細については、を参照してください "サービスプロバイダと顧客の役割と運用"

次の図は、サービスライフサイクルモデル全体をまとめたもので、関連サービスを分類したものです。

エラー:グラフィックイメージがありません

役割と責任の概要

ネットアップの役割と担当業務を以下にまとめます。

  • ネットアップは、該当するサービス(お客様指定のデータセンターまたはコロケーション施設の該当するバージョンの NetApp Service Engine を含む)を提供、インストール、設定、有効化します。ネットアップは、アンインストールを契約期間の終了時に行うか、またはお客様が早期に契約終了を選択した場合に責任を負います。

  • ネットアップは、他の IT サービスプロバイダと連携しながら、お客様の IT サービスプロバイダや技術チームと協力して業務を行っています。

  • ネットアップが運用するサービスのパフォーマンスは、共通の責任がサポート対象の環境に該当することを前提としています。