日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

パフォーマンスサービスレベル

寄稿者 netapp-manini ciarm dmp-netapp このページの PDF をダウンロード

NetApp Keystone Flex サブスクリプション( Flex サブスクリプション)は、事前定義されたパフォーマンスレベルで容量を提供します。

各パフォーマンスサービスレベルは、 I/O 密度によって定義されます。これは、パフォーマンス( 1 秒あたりの入出力処理数( IOPS ))と使用済みストレージ( TiB あたりの格納データ)の比率で、単位は IOPS/ TiB です。

Flex サブスクリプションサービスで管理される各ボリュームは、パフォーマンスサービスレベルに関連付けられます。各ボリュームで使用されるすべての I/O 処理と使用済みストレージは、ボリュームの I/O 密度の計算に考慮されます。

次の図は、パフォーマンスサービスレベルを定義したものです。

エラー:グラフィックイメージがありません

ボリュームレベルでの I/O 密度の計算結果は、過去 1 週間のピーク I/O 密度を示すようにレポートされます。ピークパフォーマンスは 1 時間間隔で決定されます。ボリュームごとの I/O 密度レポートは、各サービスレベルの準拠状況を判断するために毎月生成されます。