日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Flex サブスクリプションのテナンシーとマルチテナンシー

寄稿者 netapp-manini このページの PDF をダウンロード

NetApp Keystone Flex サブスクリプション( Flex サブスクリプション)では、論理ストレージリソースを所有する階層エンティティとして「 * Tenant * 」および「サブテナント * 」の概念が使用されます。マルチテナンシーの概念もサポートされており、複数のテナントを 1 つのパートナーやサービスプロバイダに関連付けます。ここでは、エンティティパートナーとサービスプロバイダの両方が同じ意味で使用されています。

注記 Flex サブスクリプションの場合、シングルテナンシーはネットアップが運用するモデルであり、マルチテナンシーはパートナーが運用するモデルです。

テナントは、 Flex サブスクリプションで定義されるプライマリ課金エンティティです。Flex サブスクリプションに加入し、サービスへのサブスクリプションを保持している各お客様は、 Flex サブスクリプションテナントとして存在します。お客様は、テナントのオンボーディングや、サブスクリプションの日付と契約条件の追跡など、ネットアップにお客様の名前や ID を提供します。

マルチテナンシーでは、パートナー様は Flex サブスクリプション環境におけるネットアップのテナント / お客様です。また、パートナーは、エンドユーザやサブテナントにリンクされた複数のテナントや顧客を所有できます。このモデルでは、テナントとサブテナントがサービスプロバイダのお客様であり、ネットアップとの請求関係はありません。

Flex サブスクリプションサブテナントは、完全に親テナント内に存在し、多対 1 の関係にあります。サブテナントは、テナンシー内で論理リソースを分離し、ショーバックレポートのベースとして使用されます。すべてのストレージリソース(ファイルサービス、ブロックストレージ、およびオブジェクトストレージ)がサブテナントに属している。

ネットアップが運用する(シングルテナンシー環境のサブスクリプションモデル

  • NetApp 管理者または GSSC によってテナントとゾーンに対するサブスクリプションが作成されます。

  • サブスクリプション名は、テナントがサブスクライブされている課金エンティティから取得されます。

  • サブスクリプションでは、開始日と契約期間が設定されます。

  • 各テナントゾーンにはアクティブなサブスクリプションを 1 つだけ設定できます

  • 1 つのサブスクリプションに複数の料金プランを設定でき、各料金プランはサービスレベルに対応します。

  • 各レートプランには、サービスレベルごとにコミット済み容量があります。

  • サービスレベルには次のものがあります。

    • 最高レベル

    • Extreme - 階層化

    • パフォーマンス

    • パフォーマンス階層化

    • 価値

    • 各サービスレベルのデータ保護

    • 高度なデータ保護機能で、卓越したパフォーマンスと価値を実現

    • ストレージオブジェクト

マルチテナント環境のサブスクリプションモデル

  • サービスプロバイダは Flex Subscription のお客様で、テナントとしてサブスクリプションを設定しています。サブスクリプションのベースは次のとおりです。

    • サービスレベルとゾーンごとのコミットメント

    • 割り当て済み容量に基づいて、最小 100TiB を設定

    • バースト料金は、コミット済み容量の 100 ~ 120% に適用されます

  • ネットアップでは、通常のテナンシー用語の一部として、プロバイダに毎月課金しています。

  • テナントがサービスレベルを利用できるようにするには、まずサービスプロバイダまたはパートナーがサービスレベルに対して Flex サブスクリプションを設定する必要があります。

  • サービスプロバイダは、サービスレベル、ゾーン、および柔軟な最小値ごとにテナントサブスクリプションを作成します。

  • サービスプロバイダは、ネットアップから購入した容量よりも多くの容量をテナントに販売できます(オーバーサブスクリプション)。そのため、テナントで使用される容量は、サービスプロバイダがサブスクライブした容量によって制限されません。

  • テナントは、使用状況レポートで「バースト」と表示される、サブスクライブ済み容量を超えるストレージ容量を使用できます。

  • テナント使用状況レポートは、パートナー様が日単位または月単位で表示できます。

  • テナントは、対応する Flex サブスクリプションと比較して長期のサブスクリプションを作成できますが、そのアクティビティ中にエンドカスタマーに警告メッセージが表示されます。

  • パートナー様向けの FLEX サブスクリプションは、ネットアップの管理者または GSSC が設定します。Flex サブスクリプションとテナントサブスクリプションの管理は、パートナー管理者ロールを持つユーザーが行います。

  • テナント管理者ロールを持つユーザは、テナントサブスクリプションのみを表示できます(パートナーの Flex サブスクリプションは表示できません)。指定したサブスクリプションを更新して、容量やサービスレベルを変更できます。追加のサブスクリプションのサービスリクエストを上げることができます。

  • パートナー管理者は、既存のサブスクリプションの期限が切れたとき、または既存のサブスクリプションが無効になったあとの日付に、別のサブスクリプションを作成できます。新しいサブスクリプションの開始日は、現在の終了日以上にする必要があります。