日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ディスクを表示します

寄稿者 netapp-manini ciarm dmp-netapp このページの PDF をダウンロード

ディスクリストには、選択したテナントに属するディスクが表示されます。リストを表示するには、メニューから * block storage > Disks * を選択します。

既存の環境にすでに含まれていて、 NetApp Service Engine で設定されている Storage VM に属するディスクは、この画面で確認し、 NetApp Keystone Flex Subscription ( Flex サブスクリプション)サービスの一部として管理することもできます。NetApp Service Engine 以外でプロビジョニングされたディスクは定期的にインポートされ、該当するステータスコードがこのページに表示されます。

インポートしたディスクが NetApp Service Engine の許容可能な標準規格に準拠している場合、つまり、ディスクを動作可能にするために必要なすべてのパラメータが使用可能であれば、ディスクは「 Operational 」ステータスでインポートされ、 NetApp Service Engine から直接管理できます。ただし、一部のディスクは NetApp Service Engine 上の既存のディスクと同じ標準に含まれていない場合があります。インポート後、これらのディスクは「 Imported 」または「 Non-Standard 」ステータスで分類されます。ディスクのステータスおよびステータスを稼働させるための手順については、を参照してください "オブジェクトの状態"

ディスクリストで、単純な情報を表示します。リストの機能の使用方法の詳細については、を参照してください "リストビュー"

  • ディスク名

  • ディスクへのパス

  • ディスクサイズ

  • プロトコル

  • ディスクが属するサブテナント

  • ディスクが存在するゾーン

  • 動作状態