日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Linux Unified Host Utilities をインストールし、 I/O パフォーマンスを最適化します

Linux Unified Host Utilities ソフトウェアには、「 lun 」ユーティリティが含まれています。これは、ストレージクラスタノードに関する情報の表示に使用できるネットアップの LUN レポートツールです。ネットアップストレージのパフォーマンスを最適化するには、さらに、 Linux ホストで正しいサーバプロファイルを有効にする必要があります。

Interoperability Matrix を使用して、構成に対してサポートされている Linux Unified Host Utilities のバージョンを確認しておく必要があります。また、 Linux OS ディストリビューションの一部である「 tuned 」パッケージも必要です。このパッケージには「 tuned-adm 」コマンドが含まれており、これを使用してホスト上のサーバプロファイルを設定します。

手順
  1. ネットアップサポートサイトからサポートされているバージョンの Linux Unified Host Utilities をダウンロードします。

  2. インストールマニュアルの手順に従って、 Linux Unified Host Utilities ソフトウェアをインストールします。

  3. tuned パッケージがインストールされていない場合は、「 yum install tuned 」コマンドを入力します

  4. 物理ホストの場合は 'enterprise-storaged' プロファイル: tuned-adm profile enterprise-storaged' が設定されていることを確認します

  5. 仮想ホストの場合は 'virtual-guest' プロファイル :tuned-adm profile virtual-guest' が設定されていることを確認します

    • 関連情報 *https://docs.netapp.com/us-en/ontap-sanhost/hu_luhu_71.html["Linux Unified Host Utilities 7.1 のインストール"]