日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

EFOS ソフトウェアをインストールします

この手順を使用して、 BES-53248 クラスタスイッチに EFOS ソフトウェアをインストールできます。クラスタスイッチに対応する Broadcom EFOS ソフトウェアを Broadcom イーサネットスイッチサポートサイトからダウンロードできます。

このタスクについて

  • 次の点に注意してください。 *

  • EFOS 3.x.x から EFOS 3.x.x 以降にアップグレードするときは、スイッチが EFOS 3.4.4.6 (または 3.4.x.x 以降のリリース)を実行している必要があります。それよりも前のリリースを実行している場合は、まずスイッチを EFOS 3.4.4.6 (または 3.4.x.x 以降のリリース)にアップグレードしてから、スイッチを EFOS 3.x.x 以降にアップグレードします。

  • EFOS 3.x.x と 3.7.x.x 以降の設定は異なります。EFOS バージョンを 3.4.x.x から 3.7.x.x 以降、またはその逆に変更する場合は、スイッチを工場出荷時のデフォルトにリセットする必要があり、対応する EFOS バージョンの RCF ファイルが適用される(再適用される)必要があります。この手順には、シリアルコンソールポート経由でアクセスする必要があります。

  • EFOS バージョン 3.7.x.x 以降では、 FIPS に準拠していないバージョンと FIPS に準拠したバージョンが提供されています。FIPS に準拠していないバージョンから FIPS に準拠したバージョンに移行する場合とその逆に移行する場合は、さまざまな手順があります。EFOS を FIPS 非準拠バージョンから FIPS 準拠バージョンに変更するか、その逆に変更すると、スイッチが工場出荷時のデフォルトにリセットされます。この手順には、シリアルコンソールポート経由でアクセスする必要があります。

* 手順 *

* 現在の EFOS バージョン *

* 新しい EFOS バージョン *

* 高レベルステップ *

FIPS に準拠している 2 つのバージョン間で EFOS をアップグレードする手順

3.4.x.x

3.4.x.x

方法 1 )設定とライセンスの情報は保持されています

3.4.4.6 (または 3.4.x.x 以降)

3.7.x.x 以降の非 FIPS 準拠

方法 1 を使用して EFOS をアップグレードします。スイッチを工場出荷時のデフォルトにリセットして、 EFOS 3.x.x 以降の RCF ファイルを適用します

3.7.x.x 以降の非 FIPS 準拠

3.4.4.6 (または 3.4.x.x 以降)

方法 1 を使用して EFOS をダウングレードします。スイッチを工場出荷時のデフォルトにリセットして、 EFOS 3.x.x の RCF ファイルを適用します

3.7.x.x 以降の非 FIPS 準拠

方法 1 を使用して新しい EFOS イメージをインストールします。構成とライセンスの情報は保持されます

3.7.x.x 以降の FIPS に準拠しています

3.7.x.x 以降の FIPS に準拠しています

方法 1 を使用して新しい EFOS イメージをインストールします。構成とライセンスの情報は保持されます

FIPS 準拠の EFOS バージョンへのアップグレード手順

FIPS に準拠していません

FIPS に準拠している

方法 2 を使用した EFOS イメージのインストールスイッチの設定とライセンス情報が失われます。

重要 BES-53248 クラスタスイッチを EFOS 3.x.x または 3.4.x.x から EFOS 3.7.0.4 または 3.8.0.2 にアップグレードしたあと、 Inter-Switch Link ( ISL ;スイッチ間リンク)とポートチャネルが * Down * 状態でマークされていることに注意してください。を参照してください "こちらの技術情報アーティクル" を参照してください。
手順
  1. BES-53248 クラスタスイッチを管理ネットワークに接続します。

  2. 「 ping 」コマンドを使用して、 EFOS 、ライセンス、 RCF ファイルをホストするサーバへの接続を確認します。

    次の例では、スイッチが IP アドレス 172.19.2.1 のサーバに接続されていることを確認します。

    (cs2) # ping 172.19.2.1
    Pinging 172.19.2.1 with 0 bytes of data:
    
    Reply From 172.19.2.1: icmp_seq = 0. time= 5910 usec.
  3. cs2 で現在アクティブなイメージをバックアップします。

    'How bootvar'

    (cs2) # show bootvar
    
     Image Descriptions
    
     active :
     backup :
    
    
     Images currently available on Flash
    
    --------------------------------------------------------------------
     unit      active      backup        current-active    next-active
    --------------------------------------------------------------------
    
        1      3.4.3.3     Q.10.22.1     3.4.3.3           3.4.3.3
    (cs2) # copy active backup
    Copying active to backup
    Management access will be blocked for the duration of the operation
    Copy operation successful
    
    (cs2) # show bootvar
    
    Image Descriptions
    
     active :
     backup :
    
    
     Images currently available on Flash
    
    --------------------------------------------------------------------
     unit      active      backup      current-active    next-active
    --------------------------------------------------------------------
    
        1      3.4.3.3     3.4.3.3     3.4.3.3           3.4.3.3
    (cs2) #
  4. 実行中の EFOS ソフトウェアのバージョンを確認します。

    'how version (バージョンの表示) '

    (cs2) # show version
    
    Switch: 1
    
    System Description............................. Quanta IX8-B 48x25GB SFP 8x100GB QSFP, 3.4.3.3, Linux 4.4.117-ceeeb99d, 2016.05.00.04
    Machine Type................................... Quanta IX8-B 48x25GB SFP 8x100GB QSFP
    Machine Model.................................. IX8-B
    Serial Number.................................. QTFCU38260014
    Maintenance Level.............................. A
    Manufacturer................................... 0xbc00
    Burned In MAC Address.......................... D8:C4:97:71:12:3D
    Software Version............................... 3.4.3.3
    Operating System............................... Linux 4.4.117-ceeeb99d
    Network Processing Device...................... BCM56873_A0
    CPLD Version................................... 0xff040c03
    
    Additional Packages............................ BGP-4
    ...............................................	QOS
    ...............................................	Multicast
    ............................................... IPv6
    ............................................... Routing
    ............................................... Data Center
    ............................................... OpEN API
    ............................................... Prototype Open API
  5. スイッチにイメージファイルをダウンロードします。

    イメージファイルをアクティブイメージにコピーすると、リブート時にそのイメージによって実行中の EFOS バージョンが確立されます。以前のイメージはバックアップとして使用できます。

    (cs2) # copy sftp://root@172.19.2.1//tmp/EFOS-3.4.4.6.stk active
    Remote Password:********
    
    Mode........................................... SFTP
    Set Server IP.................................. 172.19.2.1
    Path........................................... //tmp/
    Filename....................................... EFOS-3.4.4.6.stk
    Data Type...................................... Code
    Destination Filename........................... active
    
    Management access will be blocked for the duration of the transfer
    Are you sure you want to start? (y/n) y
    SFTP Code transfer starting...
    
    
    File transfer operation completed successfully.
  6. アクティブ構成とバックアップ構成のブートイメージを表示します。

    'How bootvar'

    (cs2) # show bootvar
    
    Image Descriptions
    
     active :
     backup :
    
    
     Images currently available on Flash
    
    --------------------------------------------------------------------
     unit      active      backup     current-active        next-active
    --------------------------------------------------------------------
    
        1     3.4.3.3     3.4.3.3            3.4.3.3            3.4.4.6
  7. スイッチをリブートします。

    「再ロード」

    (cs2) # reload
    
    The system has unsaved changes.
    Would you like to save them now? (y/n) y
    
    Config file 'startup-config' created successfully .
    Configuration Saved!
    System will now restart!
  8. 再度ログインして、新しいバージョンの EFOS ソフトウェアを確認します。

    'how version (バージョンの表示) '

    (cs2) # show version
    
    Switch: 1
    
    System Description............................. x86_64-quanta_common_rglbmc-r0, 3.4.4.6, Linux 4.4.211-28a6fe76, 2016.05.00.04
    Machine Type................................... x86_64-quanta_common_rglbmc-r0
    Machine Model.................................. BES-53248
    Serial Number.................................. QTFCU38260023
    Maintenance Level.............................. A
    Manufacturer................................... 0xbc00
    Burned In MAC Address.......................... D8:C4:97:71:0F:40
    Software Version............................... 3.4.4.6
    Operating System............................... Linux 4.4.211-28a6fe76
    Network Processing Device...................... BCM56873_A0
    CPLD Version................................... 0xff040c03
    
    Additional Packages............................ BGP-4
    ...............................................	QOS
    ...............................................	Multicast
    ............................................... IPv6
    ............................................... Routing
    ............................................... Data Center
    ............................................... OpEN API
    ............................................... Prototype Open API

ONIE OS インストールを使用して EFOS をアップグレードします

一方の EFOS バージョンが FIPS に準拠していて、もう一方の EFOS バージョンが FIPS に準拠していない場合は、次の手順を実行できます。次の手順は、スイッチがブートに失敗した場合に、 ONIE から FIPS 非準拠または FIPS 準拠の EFOS 3.x.x イメージをインストールするために使用できます。

注記 この機能は、 EFOS 3.x.x 以降の非 FIPS 準拠に対してのみ使用できます。
手順
  1. スイッチを ONIE インストールモードで起動します。

    起動中に、次の画面が表示されたら ONIE を選択します。

    +--------------------------------------------------------------------+
    |EFOS                                                                |
    |*ONIE                                                               |
    |                                                                    |
    |                                                                    |
    |                                                                    |
    |                                                                    |
    |                                                                    |
    |                                                                    |
    |                                                                    |
    |                                                                    |
    |                                                                    |
    |                                                                    |
    +--------------------------------------------------------------------+

    「 * ONIE 」 * を選択すると、スイッチがロードされ、次の選択肢が表示されます。

    +--------------------------------------------------------------------+
    |*ONIE: Install OS                                                   |
    | ONIE: Rescue                                                       |
    | ONIE: Uninstall OS                                                 |
    | ONIE: Update ONIE                                                  |
    | ONIE: Embed ONIE                                                   |
    | DIAG: Diagnostic Mode                                              |
    | DIAG: Burn-In Mode                                                 |
    |                                                                    |
    |                                                                    |
    |                                                                    |
    |                                                                    |
    |                                                                    |
    +--------------------------------------------------------------------+

    スイッチが ONIE インストールモードで起動します。

  2. ONIE の検出を停止し、イーサネットインターフェイスを設定します。

    次のメッセージが表示されたら、 <Enter> を押して ONIE コンソールを起動します。

    Please press Enter to activate this console. Info: eth0:  Checking link... up.
     ONIE:/ #
    注記 ONIE の検出は続行され、メッセージがコンソールに出力されます。
    Stop the ONIE discovery
    ONIE:/ # onie-discovery-stop
    discover: installer mode detected.
    Stopping: discover... done.
    ONIE:/ #
  3. イーサネットインターフェイスを設定し、「 ifconfig eth0 <ipAddress> netmask <netmask> up 」および「 route add default gw <gatewayAddress> 」を使用してルートを追加します

    ONIE:/ # ifconfig eth0 10.10.10.10 netmask 255.255.255.0 up
    ONIE:/ # route add default gw 10.10.10.1
  4. ONIE インストールファイルをホストしているサーバにアクセスできることを確認します。

    ONIE:/ # ping 50.50.50.50
    PING 50.50.50.50 (50.50.50.50): 56 data bytes
    64 bytes from 50.50.50.50: seq=0 ttl=255 time=0.429 ms
    64 bytes from 50.50.50.50: seq=1 ttl=255 time=0.595 ms
    64 bytes from 50.50.50.50: seq=2 ttl=255 time=0.369 ms
    ^C
    --- 50.50.50.50 ping statistics ---
    3 packets transmitted, 3 packets received, 0% packet loss
    round-trip min/avg/max = 0.369/0.464/0.595 ms
    ONIE:/ #
  5. 新しいスイッチソフトウェアをインストールします。

    ONIE:/ # onie-nos-install http:// 50.50.50.50/Software/onie-installer-x86_64
    discover: installer mode detected.
    Stopping: discover... done.
    Info: Fetching http:// 50.50.50.50/Software/onie-installer-3.7.0.4 ...
    Connecting to 50.50.50.50 (50.50.50.50:80)
    installer            100% |*******************************| 48841k  0:00:00 ETA
    ONIE: Executing installer: http:// 50.50.50.50/Software/onie-installer-3.7.0.4
    Verifying image checksum ... OK.
    Preparing image archive ... OK.

    ソフトウェアがスイッチをインストールし、リブートします。スイッチを通常どおりにリブートして新しい EFOS バージョンにします。

  6. 新しいスイッチソフトウェアがインストールされていることを確認します。「 show bootvar

    (cs2) # show bootvar
    Image Descriptions
    active :
    backup :
    Images currently available on Flash
    ---- 	----------- -------- --------------- ------------
    unit 	active 	    backup   current-active  next-active
    ---- 	----------- -------- --------------- ------------
    1 	  3.7.0.4     3.7.0.4  3.7.0.4         3.7.0.4
    (cs2) #
  7. インストールを完了します。

    設定を適用せずにスイッチがリブートし、工場出荷時のデフォルトにリセットされます。

    • 関連情報 *