日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

概要

この手順 では、次のシステム構成で Aggregate Relocation ( ARL ;アグリゲートの再配置)を使用してコントローラハードウェアをアップグレードする方法について説明します。

メソッド ONTAP バージョン サポートされるシステム

「 system controller replace 」コマンドを使用します

9.8 以降

"サポートされているシステムマトリックスへのリンク"

手順の実行中に、交換用コントローラハードウェアを使用して元のコントローラハードウェアをアップグレードし、ルート以外のアグリゲートの所有権を切り替えます。アグリゲートをノードからノードに複数回移行して、アップグレード手順 全体を通じて、少なくとも 1 つのノードがアグリゲートからデータを提供していることを確認します。また、処理を続行する前に、データ論理インターフェイス( LIF )を移行し、新しいコントローラのネットワークポートをインターフェイスグループに割り当てます。

この情報では、元のノードの名前は「 node1 」と「 node2 」になり、新しいノードの名前は「 node3 」と「 node4 」になります。説明されている手順では、 node1 は node3 に置き換えられ、 node2 は node4 に置き換えられます。「 node1 」、「 node2 」、「 node3 」、および「 node4 」は、元のノードと新しいノードを区別するためだけに使用されます。手順を使用するときは、元のノードと新しいノードの実際の名前を置き換える必要があります。ただし実際には、ノードの名前は変更されません。 node3 には node1 という名前が付けられ、 node4 にはコントローラハードウェアのアップグレード後に node2 という名前が付けられます。

この情報の中で、「 FlexArray 仮想化ソフトウェアを搭載したシステム」とは、これらの新しいプラットフォームに属するシステムを指します。「 V シリーズシステム」という用語は、ストレージアレイに接続可能な独立したハードウェアシステムを指します。

重要な情報:
  • この手順は複雑で、 ONTAP の高度な管理スキルがあることを前提としています。また、を読んで理解する必要があります "ARL を使用したコントローラのアップグレードに関するガイドライン" および "ARL アップグレードの概要" アップグレード開始前のセクション。

  • この手順は、交換用コントローラハードウェアが新しく購入され、使用されていないことを前提としています。使用済みのコントローラを「 wipeconfig 」コマンドで準備するために必要な手順は、この手順には含まれていません。交換用コントローラハードウェアを以前に使用していた場合は、テクニカルサポートに問い合わせる必要があります。特に、コントローラが Data ONTAP 7-Mode を実行していた場合は、テクニカルサポートにお問い合わせください。

  • ARL を使用すると、システムを停止することなく、アップグレードするクラスタよりも新しいバージョンの ONTAP を実行する新しいコントローラへのアップグレードを実行できます。古いコントローラと新しいコントローラの ONTAP バージョンの組み合わせは、 ONTAP ソフトウェアリリースの NDU モデルによって決まります。たとえば、 ONTAP 9.8 を実行しているコントローラがあり、そのコントローラで最後にサポートされていたバージョンである場合は、 ONTAP 9.8 より後のバージョンの ONTAP を実行している新しいコントローラにアップグレードできます。

    このアップグレード手順では、交換するコントローラモデルで ONTAP の新しいバージョンがサポートされておらず、新しいコントローラで以前のバージョンの ONTAP がサポートされていない主な環境アップグレードシナリオを使用します。

  • この手順を使用して、ノードが 3 つ以上あるクラスタでコントローラハードウェアをアップグレードできます。ただし、クラスタ内のハイアベイラビリティ( HA )ペアごとに手順を個別に実行する必要があります。

  • この FlexArray システム、 V シリーズシステム、 AFF システム、および手順環境 FAS 仮想化ソフトウェアを搭載したシステムです。必要なライセンスがインストールされていれば、 ONTAP 9.5 以降にリリースされた FAS システムをストレージアレイに接続できます。ストレージアレイと V シリーズのモデルの詳細については、を参照してください "参考資料" Hardware Universe にリンクして、 V シリーズサポートマトリックスにアクセスしてください。

  • この手順環境システムは、 4 ノードの NetApp MetroCluster 構成以上を実行しています。MetroCluster 構成サイトは物理的に異なる場所に設置できるため、 HA ペアの場合は各 MetroCluster サイトでコントローラの自動アップグレードを個別に実行する必要があります。

  • HA クラスタなどの MetroCluster 以外手順のシステムでは、 ARL アップグレードのみがサポートされます。

  • AFF A320 システムからアップグレードする場合は、ボリューム移動を使用してコントローラハードウェアをアップグレードするか、テクニカルサポートにお問い合わせください。を参照してください "参考資料" をクリックして、ボリュームまたは storage _ を移動して _ Upgrade にリンクします。