Skip to main content
日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ボリュームまたはストレージを移動してアップグレードするかどうかを決定します

共同作成者

このコンテンツでは、ストレージまたはボリュームを移動してクラスタ内のAFF、FAS、またはASAシステムのコントローラハードウェアをアップグレードする方法について説明します。

この手順 は、次の状況でコントローラハードウェアをアップグレードする場合に使用します。

メモ

ONTAP 9.15.1で導入されたAFF A70、AFF A90、またはAFF A1Kシステムにアップグレードすると、ONTAPでは、Storage Efficiencyを使用していないボリュームも含め、既存のシンプロビジョニングされたすべてのボリュームのストレージ効率化が変換され、ハードウェアオフロード機能を使用する新しいStorage Efficiency機能が適用されます。これは自動バックグラウンドプロセスであり、システムのパフォーマンスへの明らかな影響はありません。 "詳細はこちら。"です。

ONTAP 9.8 では、自動ポート配置機能が導入され、ハードウェアのアップグレード手順が簡略化されています。

  • 元のノードと新しいノードに互換性があり、サポートされている。

  • 元のノードと新しいノードでONTAP 9.0以降が実行されている。可能な場合は、元のノードと新しいノードで同じバージョンのONTAPを実行することをNetAppで推奨します。

    コントローラのアップグレードに複数のONTAPバージョンが混在する場合は、を参照してください。 "バージョンが混在したONTAPクラスタ" を参照してください。

  • 元のノードの IP アドレス、ネットワークマスク、およびゲートウェイを新しいノードで再利用する。

  • ストレージまたはボリュームを移動することで、コントローラハードウェアをアップグレードすることを計画している。

  • ストレージを移動してアップグレードする場合は、停止を伴う手順を実行する準備ができている。

    ボリュームの移動によるアップグレードは無停止で実行できます。

  • サポート対象モデルのノードをディスクシェルフに変換し、新しいノードに接続することを計画している。

MetroCluster構成をアップグレードする場合は、を参照してください。 "MetroCluster 構成をアップグレード、更新、または拡張します"