日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

新しいボリュームでは、アンチランサムウェアをデフォルトで有効にします

寄稿者 netapp-forry netapp-thomi

ONTAP 9.10.1 以降の Storage VM ( SVM )を設定して、学習モードで新しいボリュームがデフォルトでアンチランサムウェアに対応できるようにすることができます。

必要なもの
  • セキュリティおよびコンプライアンスバンドルからインストールされた Multi-tenant Encryption Key Management ( MT_EK_MGMT )ライセンス。

新しいボリュームは、無効モードのランサムウェア対策でデフォルトで作成されますが、 System Manager および CLI ではこの設定を変更できます。デフォルトで有効になっているボリュームは、学習モードでランサムウェア対策に設定されています。

System Manager の手順の略

  1. Storage > Storage VM* をクリックし、デフォルトのウィルス対策用の Storage VM を選択します。

  2. [ * 設定 * ( * Settings * ) ] タブの [ * セキュリティ * ( * Security * ) ] セクションで、をクリックします ペンアイコン [* アンチランサムウェア * ] ボックスで、 NAS ボリュームでランサムウェア対策を有効にするチェックボックスをオンにします。

CLI 手順の略

  1. 既存の SVM を変更して、新しいボリュームでランサムウェア対策をデフォルトで有効にします。「 vserver modify -vserver svm_name _ anti-ラン サムウェア -default-volume-state dr-run 」

    CLI では、新しいボリュームに対してランサムウェア対策をデフォルトで有効にした新しい SVM を作成することもできます。vserver create -vserver svm_name -antomware -default-volume-state dry-run [_ other parameters as needed _]`