日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SnapMirror SVM レプリケーションの概要

寄稿者

SnapMirror を使用すると、 SVM 間のデータ保護関係を作成できます。このタイプのデータ保護関係では、 SVM のすべてまたは一部の設定が NFS エクスポートおよび SMB 共有から RBAC にレプリケートされます。また、 SVM が所有するボリューム内のデータもレプリケートされます。

サポートされている関係タイプ

レプリケート可能なのはデータ提供用 SVM のみです。サポートされるデータ保護関係タイプは次のとおりです。

  • SnapMirror DR : _ 通常、デスティネーションにはソース上に現在ある Snapshot コピーだけが含まれます。

    ONTAP 9.9.9..1 以降では、ミラーバックアップポリシーを使用する場合の動作が変更されています。ONTAP 9.9.9..1 以降では、ソースとデスティネーションに異なる Snapshot ポリシーを作成でき、デスティネーションの Snapshot コピーがソースの Snapshot コピーで上書きされません。

    • スケジュールされた通常の処理、更新、および再同期の実行中に、ソースからデスティネーションに上書きされることはありません

    • 解除処理の実行中に削除されることはありません。

    • 逆再同期処理の実行中は削除されません。ONTAP 9.9.1 以降を使用してミラーバックアップポリシーを使用して SVM DR 関係を設定する場合、ポリシーの動作は次のようになります。

    • ソースでのユーザ定義の Snapshot コピーポリシーは、デスティネーションにコピーされません。

    • システム定義の Snapshot コピーポリシーはデスティネーションにコピーされません。

    • ユーザおよびシステム定義の Snapshot ポリシーとのボリュームの関連付けはデスティネーションにコピーされません。+ SVM

  • ONTAP 9.2 以降では、 _SnapMirror ユニファイドレプリケーション。デスティネーションに DR と長期保持の両方が設定されています。

これらの関係タイプの詳細については、を参照してください。 "SnapMirror ボリュームレプリケーションの概要"

レプリケーションポリシーの _policy type_of によって、サポートされる関係のタイプが決まります。次の表に、使用可能なポリシータイプを示します。

ポリシータイプ

関係タイプ

非同期ミラー

SnapMirror DR

ミラー - バックアップ

ユニファイドレプリケーション

ONTAP 9.4 では、 XDP が DP に代わって SVM レプリケーションのデフォルトになりました

ONTAP 9.4 以降では、 SVM データ保護関係のデフォルトが XDP モードに変更されました。ONTAP 9.3 以前の SVM データ保護関係のデフォルトは引き続き DP モードです。

新しいデフォルトは既存の関係には影響しません。DP タイプの既存の関係は引き続き DP タイプになります。次の表に、想定される動作を示します。

指定するモード

タイプ

デフォルトポリシー(ポリシーを指定しない場合)

DP

XDP

MirrorAllSnapshots ( SnapMirror DR )

なし

XDP

MirrorAllSnapshots ( SnapMirror DR )

XDP

XDP

MirrorAndVault (ユニファイドレプリケーション)

デフォルトの変更の詳細については、以下を参照してください。 "XDP は、 DP を SnapMirror のデフォルトとして置き換えます"

注記

バージョンに依存しないレプリケーションは、 SVM レプリケーションではサポートされません。

SVM の設定のレプリケート方法

SVM レプリケーション関係の内容は、以下に示すフィールドの設定の組み合わせによって決定されます。

  • 「 snapmirror create 」コマンドの「 -identity-preserve true 」オプションは、 SVM の設定全体をレプリケートします。

    「 -identity-preserve false 」オプションは、 SVM のボリュームと認証および許可の設定、およびに記載されているプロトコルとネームサービスの設定だけをレプリケートします "SVM DR 関係でレプリケートされる設定"

  • 「 snapmirror policy create 」コマンドの「 -discard-configs network 」オプションは、ソース SVM とデスティネーション SVM が異なるサブネットにある場合に使用する LIF と関連ネットワークの設定を SVM レプリケーションから除外します。

  • volume modify コマンドの -vserver-dr-protection unprotected オプションは、指定されたボリュームを SVM レプリケーションから除外します。

上記の点を除き、 SVM レプリケーションはボリュームレプリケーションとほぼ同じです。ボリュームレプリケーションとほぼ同じワークフローを SVM レプリケーションにも使用できます。

サポートの詳細

次の表は、 SnapMirror SVM レプリケーションのサポートの詳細を示しています。

リソースまたは機能

サポートの詳細

関係タイプ

  • SnapMirror DR

  • ONTAP 9.2 以降では、 SnapMirror ユニファイドレプリケーションがサポートされます

レプリケーションの範囲

クラスタ間のみ。同じクラスタ内の SVM をレプリケートすることはできません。

バージョンに依存しません

サポート対象外

導入タイプ

  • 単一のソースから単一のデスティネーション

  • ONTAP 9.4 以降はファンアウトファンアウトできるのは 2 つの宛先だけです。

    デフォルトでは、 -identity-preserve true の関係はソース SVM ごとに 1 つだけ許可されます。

ボリューム暗号化

  • ソースで暗号化されたボリュームがデスティネーションで暗号化されます。

  • オンボードキーマネージャまたは KMIP サーバをデスティネーションで設定する必要があります。

  • 新しい暗号化キーはデスティネーションで生成されます。

  • ボリューム暗号化をサポートするノードがデスティネーションに含まれていない場合、レプリケーションは成功しますが、デスティネーションボリュームは暗号化されません。

FabricPool

ONTAP 9.6 以降の FabricPool では、 SnapMirror SVM レプリケーションがサポートされます。

MetroCluster

ONTAP 9.5 以降の MetroCluster 構成では、 SnapMirror SVM レプリケーションがサポートされます。

  • MetroCluster 構成を SVM DR 関係のデスティネーションにすることはできません。

  • SVM DR 関係のソースとして使用できるのは、 MetroCluster 構成内のアクティブな SVM だけです。

    スイッチオーバー前の同期元の SVM とスイッチオーバー後の同期先の SVM のどちらもソースに使用できます。

  • MetroCluster 構成が安定した状態のときは MetroCluster の同期先 SVM がオンラインでないため、同期先ボリュームを SVM DR 関係のソースにすることはできません。

  • SVM DR 関係のソースが同期元の SVM の場合、ソースの SVM DR 関係情報が MetroCluster パートナーにレプリケートされます。

  • スイッチオーバーおよびスイッチバックの実行中に、 SVM DR のデスティネーションへのレプリケーションが失敗することがあります。

    ただし、スイッチオーバーまたはスイッチバックプロセスの完了後、 SVM DR の次回のスケジュールされている更新は成功します。

SnapMirror Synchronous

SVM DR ではサポートされません。

SVM DR 関係でレプリケートされる設定

次の表は 'napmirror create '-identity-preserve オプションと 'napmirror policy create '-discard-configs network オプションの相互作用を示しています

設定のレプリケート

「 * ‑ identity ‑ preserve true * 」

「 * ‑ identity ‑ preserve false * 」

*-discard-configs network が設定されていないポリシー

* 「 -discard-configs network 」が設定されたポリシー

ネットワーク

NAS LIF

はい。

いいえ

いいえ

LIF の Kerberos 設定

はい。

いいえ

いいえ

SAN LIF

いいえ

いいえ

いいえ

ファイアウォールポリシー

はい。

はい。

いいえ

ルート

はい。

いいえ

いいえ

ブロードキャストドメイン

いいえ

いいえ

いいえ

サブネット

いいえ

いいえ

いいえ

表示されます

いいえ

いいえ

いいえ

CIFS

CIFS サーバ

はい。

はい。

いいえ

ローカルグループおよびローカルユーザ

はい。

はい。

はい。

権限

はい。

はい。

はい。

シャドウコピー

はい。

はい。

はい。

BranchCache

はい。

はい。

はい。

サーバオプション

はい。

はい。

はい。

サーバセキュリティ

はい。

はい。

いいえ

ホームディレクトリ、共有

はい。

はい。

はい。

シンボリックリンク

はい。

はい。

はい。

Fpolicy ポリシー、 Fsecurity ポリシー、および Fsecurity NTFS です

はい。

はい。

はい。

ネームマッピングとグループマッピング

はい。

はい。

はい。

監査情報

はい。

はい。

はい。

NFS

エクスポートポリシー

はい。

はい。

いいえ

エクスポートポリシールール

はい。

はい。

いいえ

NFS サーバ

はい。

はい。

いいえ

RBAC

セキュリティ証明書

はい。

はい。

いいえ

ログインユーザ、公開鍵、ロール、およびロールの設定

はい。

はい。

はい。

SSL

はい。

はい。

いいえ

ネームサービス

DNS および DNS ホスト

はい。

はい。

いいえ

UNIX ユーザおよび UNIX グループ

はい。

はい。

はい。

Kerberos Realm および Kerberos キーブロック

はい。

はい。

いいえ

LDAP および LDAP クライアント

はい。

はい。

いいえ

ネットグループ

はい。

はい。

いいえ

NIS

はい。

はい。

いいえ

Web および Web アクセス

はい。

はい。

いいえ

ボリューム

オブジェクト

はい。

はい。

はい。

Snapshot コピー、 Snapshot ポリシー、および自動削除ポリシー

はい。

はい。

はい。

効率化ポリシー

はい。

はい。

はい。

クォータポリシーおよびクォータポリシールール

はい。

はい。

はい。

リカバリキュー

はい。

はい。

はい。

ルートボリューム

ネームスペース

はい。

はい。

はい。

ユーザデータ

いいえ

いいえ

いいえ

qtree

いいえ

いいえ

いいえ

クォータ

いいえ

いいえ

いいえ

ファイルレベルの QoS

いいえ

いいえ

いいえ

属性:ルートボリュームの状態、スペースギャランティ、サイズ、オートサイズ、およびファイル総数

いいえ

いいえ

いいえ

Storage QoS

QoS ポリシーグループ

はい。

はい。

はい。

Fibre Channel ( FC ;ファイバチャネル)

いいえ

いいえ

いいえ

iSCSI

いいえ

いいえ

いいえ

LUN

オブジェクト

はい。

はい。

はい。

igroup 数

いいえ

いいえ

いいえ

ポートセット

いいえ

いいえ

いいえ

シリアル番号

いいえ

いいえ

いいえ

SNMP

v3 ユーザ