日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

使用するアグリゲートの作成方法を決定します

寄稿者

自動プロビジョニングを使用したアグリゲートの作成は ONTAP 9.2 以降のベストプラクティスですが、お使いの環境でこの方法がサポートされているかどうかを確認する必要があります。サポートされていない場合は、使用する RAID ポリシーとディスク構成を決定し、アグリゲートを手動で作成する必要があります。

「 storage aggregate auto-provision 」コマンドを使用してアグリゲートを作成すると、 ONTAP はクラスタ内の使用可能なスペアディスクを分析し、ベストプラクティスに従ってスペアディスクを使用してアグリゲートを作成する方法に関する推奨事項を生成します。名前と使用可能なサイズを含む推奨されるアグリゲートの概要が表示され、推奨事項に従ってアグリゲートを作成するかどうかを確認するプロンプトが表示されます。 ONTAP

多くの場合、環境に最適な推奨されるアグリゲートのレイアウトが自動プロビジョニングの画面に表示されます。ただし、クラスタが ONTAP 9.1 以前を実行している場合、または次の構成が環境に含まれている場合は、手動によるアグリゲートの設定方法を使用する必要があります。

  • サードパーティ製アレイ LUN を使用するアグリゲート

  • Cloud Volumes ONTAP または ONTAP Select を使用した仮想ディスク

  • MetroCluster

  • SyncMirror

  • MSATA ディスク

  • Flash Pool アグリゲート

  • 複数のタイプまたはサイズのディスクがノードに接続されている場合

また、ディスクが次のいずれかの条件に該当する場合は、自動プロビジョニング方法を使用する前にそれらに対処する必要があります。

  • ディスクが不足している

  • スペアディスクの数が安定しない

  • 未割り当てディスク

  • スペアが初期化されていません

  • ディスクがメンテナンステスト中である

これらの要件の詳細については、「 storage aggregate auto-provision 」のマニュアルページを参照してください。