日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ボリュームを FabricPool に移動します

寄稿者 netapp-thomi

ボリュームを FabricPool に移動する場合は、 move コマンドを使用してボリュームの階層化ポリシーを指定または変更できます。ONTAP 9.8 以降では、 Inactive Data Reporting を有効にして FabricPool 以外のボリュームを移動する場合、 FabricPool はヒートマップを使用して階層化可能なブロックを読み取り、コールドデータを FabricPool デスティネーションの大容量階層に移動します。

階層化ポリシーを変更することが、データがコールドと認識されてクラウド階層に移動されるまでの時間にどのように影響するかを理解しておく必要があります。

FabricPool 以外のボリュームで非アクティブデータレポートが有効になっている場合、階層化ポリシー「 auto 」または「 snapshot-only 」が設定されたボリュームを FabricPool に移動すると、 FabricPool は、温度階層化可能なブロックをヒートマップファイルから読み取り、その温度を使用してコールドデータを FabricPool デスティネーションの容量階層に直接移動します。

ONTAP 9.8 を使用していて 'FabricPools で非アクティブなデータ・レポート情報を使用してデータを容量階層に直接移動する場合は ' ボリューム移動時に -tiering-policy オプションを使用しないでくださいこのオプションを使用すると、 ONTAP 9.8 より前のリリースの移動動作に従って、 FabricPool は温度データを無視します。

ステップ
  1. ボリュームを FabricPool に移動するには 'volume move start コマンドを使用します

    オプションの -tiering-policy パラメータを使用すると ' ボリュームの階層化ポリシーを指定できます

    次のいずれかの階層化ポリシーを指定できます。

次の例は、「 vs1 」 SVM 内の「 `m yvol2 」という名前のボリュームを「 dest_FabricPool 」 FabricPool 対応アグリゲートに移動します。ボリュームは 'none' 階層化ポリシーを使用するように明示的に設定されています

cluster1::> volume move start -vserver vs1 -volume myvol2
-destination-aggregate dest_FabricPool -tiering-policy none