日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

FlexGroup ボリュームを作成します

寄稿者 netapp-thomi

FlexGroup ボリュームを作成するアグリゲートを手動で選択し、各アグリゲートのコンスティチュエントの数を指定して、 FlexGroup ボリュームを作成することができます。

FlexGroup ボリュームを作成するためにアグリゲート内に必要なスペースを把握しておく必要があります。

また、 FlexGroup ボリュームのプロビジョニングでアグリゲートを選択する際の考慮事項と要件を確認しておく必要があります。

FlexGroup ボリュームで最適なパフォーマンスを実現するには、 FlexGroup ボリュームを作成する際に次のガイドラインを考慮する必要があります。

  • FlexGroup ボリュームは、同一のハードウェアシステム上にあるアグリゲートでのみ構成される必要があります。

    同一のハードウェアシステムを使用することで、 FlexGroup ボリューム全体のパフォーマンスを予測できるようになります。

  • FlexGroup ボリュームは、同じディスクタイプおよび RAID グループ構成のアグリゲートで構成される必要があります。

    安定したパフォーマンスを実現するには、すべてのアグリゲートがオール SSD 、オール HDD 、またはオールハイブリッドアグリゲートであることが必要です。また、 FlexGroup ボリュームを構成するすべてのアグリゲートでドライブ数と RAID グループ数が同じであることが必要です。

  • FlexGroup ボリュームは、クラスタの一部でのみ構成することができます。

    FlexGroup ボリュームをクラスタ全体にまたがるように設定する必要はありませんが、そのように設定すると、使用可能なハードウェアリソースをより有効に活用できます。

  • FlexGroup ボリュームを作成する場合は、次の特性を持つアグリゲートに FlexGroup ボリュームを導入することを推奨します。

    • シンプロビジョニングを使用する場合は特に、複数のアグリゲート間でほぼ同じ量の空きスペースを使用できます。

    • FlexGroup ボリュームの作成後に、空きスペースの約 3% がアグリゲートメタデータ用に確保される。

  • FAS システムの場合は、ノードごとに 2 つのアグリゲートを用意し、 AFF システムの場合は、 FlexGroup ボリュームのノードごとに 1 つのアグリゲートを用意することを推奨します。

  • FlexGroup ボリュームごとに少なくとも 8 つのコンスティチュエントを作成して、 FAS システムの場合は 2 つ以上のアグリゲートに、 AFF システムの場合は 1 つ以上のアグリゲートに分散させる必要があります。

手順
  1. FlexGroup ボリュームを作成します。 volume create -vserver SVM_name -volume flexgroup aggr-list aggr1 、 aggr2 。-aggr-list -multiplier constituents _per_aggr-size fg_size [ – encrypt true ] [-qos-policy-group qos_policy_group_name]]

    • aggr-list パラメータには、 FlexGroup ボリューム・コンスティチュエントに使用するアグリゲートのリストを指定します。

      指定したエントリごとに、そのアグリゲート上にコンスティチュエントが 1 つ作成されます。同じアグリゲートを複数回指定すると、そのアグリゲート上に複数のコンスティチュエントを作成できます。

      FlexGroup 全体で一貫したパフォーマンスが得られるように、すべてのアグリゲートで同じディスクタイプと RAID グループ構成を使用する必要があります。

    • 「 -aggr-list 」パラメータでは、 FlexGroup ボリュームの作成時に「 -aggr-list 」パラメータで指定したアグリゲートを繰り返す回数を指定します。

      「 -aggr-list-multiplier 」パラメータのデフォルト値は 4 です。

    • 「 size 」パラメータは、 FlexGroup ボリュームのサイズを KB 、 MB 、 GB 、 TB 、 PB 単位で指定します。

    • ONTAP 9.5 以降では、オール SSD アグリゲートのみを使用する FabricPool 用の FlexGroup ボリュームを作成できます。

      FabricPool 用の FlexGroup ボリュームを作成するには、「 -aggr-list 」パラメータで指定するすべてのアグリゲートが FabricPool である必要があります。FabricPool のボリューム・ギャランティは ' 常に none に設定する必要がありますFlexGroup ボリュームには、階層化ポリシーと階層化の最小クーリング期間も指定できます。

    • ONTAP 9.4 以降では、 FlexGroup ボリュームにスループットの下限(最小 QoS )とアダプティブ QoS を指定できます。

    • ONTAP 9.3 以降では、 FlexGroup ボリュームにスループットの上限(最大 QoS )を指定して、 FlexGroup ボリュームが消費できるパフォーマンスリソースを制限できます。

    • ONTAP 9.2 以降では、 FlexGroup ボリュームで暗号化を有効にする場合、 -encrypt パラメータを true に設定できます。

      暗号化されたボリュームを作成するには、ボリューム暗号化ライセンスとキー管理ツールをインストールしておく必要があります。

      注記

      暗号化は FlexGroup の作成時に有効にする必要があります。既存の FlexGroup ボリュームで暗号化を有効にすることはできません。

    cluster-1::> volume create -vserver vs0 -volume fg2 -aggr-list aggr1,aggr2,aggr3,aggr1 -aggr-list-multiplier 2 -size 500TB
    
    Warning: A FlexGroup "fg2" will be created with the following number of constituents of size 62.50TB: 8.
    Do you want to continue? {y|n}: y
    
    [Job 43] Job succeeded: Successful

この例の場合、 FabricPool 用の FlexGroup ボリュームを作成するには、すべてのアグリゲート( aggr1 、 aggr2 、 aggr3 )が FabricPool 内のアグリゲートである必要があります。。FlexGroup ボリュームをジャンクションパス「 volume mount -vserver vserver_name -volume vol_name -junction-path junction-path 」でマウントします

cluster1::> volume mount -vserver vs0 -volume fg2 -junction-path /fg

クライアントから FlexGroup ボリュームをマウントする必要があります。

ONTAP 9.6 以前を実行していて、 Storage Virtual Machine ( SVM )で NFSv3 と NFSv4 の両方が設定されている場合、クライアントからの FlexGroup ボリュームのマウントが失敗することがあります。このような場合は、クライアントから FlexGroup ボリュームをマウントするときに、 NFS バージョンを明示的に指定する必要があります。

# mount -t nfs -o vers=3 192.53.19.64:/fg /mnt/fg2
# ls /mnt/fg2
file1  file2