日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

FlexGroup ボリュームのデータ保護ワークフロー

寄稿者 netapp-thomi

FlexGroup ボリュームの SnapMirror ディザスタリカバリ( DR )関係を作成できます。ONTAP 9.3 以降では、 SnapVault テクノロジを使用した FlexGroup のバックアップとリストアや、バックアップと DR に同じデスティネーションを使用する一元化されたデータ保護関係の作成も可能です。

データ保護ワークフローは、クラスタと SVM のピア関係の確認、デスティネーションボリュームの作成、ジョブスケジュールの作成、ポリシーの指定、データ保護関係の作成、関係の初期化で構成されます。

FlexGroup ボリュームのディザスタリカバリの準備ワークフロー

FlexGroup ボリュームの SnapMirror 関係のタイプは常に「 xdmp」 です。SnapMirror 関係によって提供されるデータ保護のタイプは、使用するレプリケーションポリシーで決まります。作成するレプリケーション関係に応じて、必要なタイプのデフォルトポリシーまたはカスタムポリシーを使用できます。次の表に、デフォルトポリシーのタイプとサポートされるカスタムポリシーのタイプをデータ保護関係のタイプ別に示します。

関係タイプ

デフォルトポリシー

カスタムポリシータイプ

SnapMirror DR

MirrorAllSnapshots

非同期ミラー

SnapVault バックアップ

XDPDefault

バックアップ

一元化されたデータ保護

MirrorAndVault の場合

ミラー - バックアップ

MirrorLatest ポリシーは FlexGroup ボリュームではサポートされません。