日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

監査の設定を確認します

寄稿者

監査の設定が完了したら、監査が適切に設定されて有効になっていることを確認する必要があります。

手順
  1. 監査の設定を確認します。

    「 vserver audit show -instance -vserver vserver_name 」のように指定します

    次のコマンドは、 Storage Virtual Machine ( SVM ) vs1 のすべての監査の設定の情報をリスト形式で表示します。

    「 vserver audit show -instance -vserver vs1 」のように指定します

                                 Vserver: vs1
                          Auditing state: true
                    Log Destination Path: /audit_log
           Categories of Events to Audit: file-ops
                              Log Format: evtx
                     Log File Size Limit: 200MB
            Log Rotation Schedule: Month: -
      Log Rotation Schedule: Day of Week: -
              Log Rotation Schedule: Day: -
             Log Rotation Schedule: Hour: -
           Log Rotation Schedule: Minute: -
                      Rotation Schedules: -
                Log Files Rotation Limit: 0