日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

oplock ステータスを監視します

寄稿者 netapp-thomi

oplock ステータスについて、情報を監視、表示できます。この情報を使用して、 oplock が設定されたファイル、 oplock のレベルや oplock の状態レベル、 oplock リースの使用の有無を確認できます。また、手動での解除が必要となる可能性のあるロックについて、情報を確認することもできます。

すべての oplock についての情報を要約形式または詳細なリスト形式で表示できます。オプションのパラメータを使用すると、既存のロックの一部について情報を表示することもできます。たとえば、クライアントの IP アドレスやパスを指定して、該当するロックのみを返すように指定できます。

従来の oplock および oplock リースについて、次の情報を表示できます。

  • oplock が有効な SVM 、ノード、ボリューム、 LIF

  • ロック UUID

  • oplock が有効なクライアントの IP アドレス

  • oplock が有効なパス

  • ロックのプロトコル( SMB )およびロックのタイプ( oplock )

  • ロックの状態

  • oplock レベル

  • 接続の状態および SMB の有効期限

  • oplock リースが許可されている場合は、 Open Group ID

各パラメータの詳細な概要については 'vserver oplocks show マニュアル・ページを参照してください

手順
  1. vserver locks show コマンドを使用して oplock の状態を表示します。

次のコマンドは、すべてのロックに関するデフォルトの情報を表示します。表示されたファイルの oplock には 'read-batch' oplock レベルが与えられます

cluster1::> vserver locks show

Vserver: vs0
Volume   Object Path        LIF         Protocol  Lock Type   Client
-------- ------------------ ----------- --------- ----------- ----------
vol1     /vol1/notes.txt    node1_data1
                                        cifs      share-level 192.168.1.5
         Sharelock Mode: read_write-deny_delete
                                                  op-lock     192.168.1.5
         Oplock Level: read-batch

次の例では ' パス /data2/data2_2/intro.pptx のファイルのロックについて ' より詳細な情報を表示しますリース oplock は '10.3.1.3' の IP アドレスを持つクライアントに対して 'batch' oplock レベルでファイルに付与されます

注記

詳細情報を表示する場合に、このコマンドを使用すると、 oplock の情報と共有ロックの情報を別々に表示できます。この例では、 oplock の情報のみが表示されています。

cluster1::> vserver lock show -instance -path /data2/data2_2/intro.pptx

                   Vserver: vs1
                    Volume: data2_2
         Logical Interface: lif2
               Object Path: /data2/data2_2/intro.pptx
                 Lock UUID: ff1cbf29-bfef-4d91-ae06-062bf69212c3
             Lock Protocol: cifs
                 Lock Type: op-lock
   Node Holding Lock State: node3
                Lock State: granted
  Bytelock Starting Offset: -
    Number of Bytes Locked: -
     Bytelock is Mandatory: -
     Bytelock is Exclusive: -
     Bytelock is Superlock: -
          Bytelock is Soft: -
              Oplock Level: batch
   Shared Lock Access Mode: -
       Shared Lock is Soft: -
           Delegation Type: -
            Client Address: 10.3.1.3
             SMB Open Type: -
         SMB Connect State: connected
SMB Expiration Time (Secs): -
         SMB Open Group ID: 78a90c59d45ae211998100059a3c7a00a007f70da0f8ffffcd445b0300000000