日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ライセンスを管理するためのコマンド

寄稿者 netapp-thomi

クラスタの機能ライセンスを管理するには、「 system license 」コマンドを使用します。機能の使用状況を監視するには、「 system feature-usage 」コマンドを使用します。

状況 使用するコマンド

1 つ以上のライセンスを追加します

「システムライセンスが追加されました」

インストール済みのライセンスに関する次のような情報を表示する。

  • ライセンスパッケージ名と概要

  • ライセンスタイプ (``site, license, または d emo)

  • 有効期限(該当する場合)

  • パッケージのライセンス対象であるクラスタまたはノード

  • ライセンスが Data ONTAP 8.2 より前にインストールされたかどうか(「レガシー」)

  • 顧客 ID

「 system license show 」を参照してください

注記

一部の情報は '– instance' パラメータを使用した場合にのみ表示されます

ライセンスが必要なパッケージすべてと、次のようなパッケージの現在のライセンスステータスを表示する

  • パッケージ名

  • ライセンス方式

  • 有効期限(該当する場合)

「 system license status show 」を参照してください

シリアル番号を指定してクラスタまたはノードからパッケージのライセンスを削除します

「システムライセンスの削除」

期限切れのライセンスまたは未使用のライセンスを表示または削除します

「システムライセンスのクリーンアップ」を参照してください

クラスタでの機能の使用状況の概要をノード単位で表示します

「 system feature-usage show-summary 」というように表示されます

クラスタでの機能の使用ステータスをノード単位および週単位で表示します

「 system feature-usage show-history 」と表示されます

各ライセンスパッケージのライセンス使用権リスクステータスを表示します

'System license entitlement-risk show'

注記

一部の情報は '-detail' および -instance' パラメータを使用した場合にのみ表示されます