日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

テープエイリアスを割り当てます

寄稿者

テープドライブやメディアチェンジャにテープエイリアスを割り当てて、デバイスを簡単に識別することができます。エイリアスを割り当てることによって、バックアップデバイスの論理名と、テープドライブやメディアチェンジャに永続的に割り当てられた名前を関連付けることができます。

手順
  1. 「 storage tape alias set 」コマンドを使用して、テープドライブまたはメディアチェンジャにエイリアスを割り当てます。

    このコマンドの詳細については、マニュアルページを参照してください。

    「 system node hardware tape drive show 」コマンドを使用してテープドライブのシリアル番号( SN )情報を確認し、「 system node hardware tape library show 」コマンドを使用してテープライブラリの情報を確認できます。

    次のコマンドは、ノード cluster1-01 に接続されているシリアル番号 SN[123456]L4 のテープドライブにエイリアス名を設定します。

    cluster-01::> storage tape alias set  -node cluster-01 -name st3 -mapping SN[123456]L4

    次のコマンドは、ノード cluster1-01 に接続されているシリアル番号 SN[65432] のメディアチェンジャにエイリアス名を設定します。

    cluster-01::> storage tape alias set  -node cluster-01 -name mc1 -mapping SN[65432]